生活の最近のブログ記事

いや~・・・今朝はびっくりしましたね。
小生、ちょうど目覚ましで起きた直後に、スマホから「Jアラート」が鳴り響きました、
いっぺんに目が覚めますね、本物の警報ですから。
北朝鮮のミサイル発射で、日本中に緊張が走りました。
JRなどは、一時停止した模様ですが、とりあえず何事もなくて良かったです。

P1420156.JPG(しかし、よりによってこの日ですか・・・)

株主さまのご来場に影響があるのではと心配しましたし
万が一総会中に、再びミサイル発射があったらどうしよう
などなど、心配はつきませんでしたが、お蔭様で滞りなく終了いたしました。
平和だからこそ、事業を営むことができるのだと実感します。

テレビでは、「頑丈な建物や地下へ避難してください」
と言っていましたが、どのエリアが安全かがわかりません
とりあえず、幹部N氏は窓を開け(地震と間違えたもよう)、
S嬢は道南の実家に電話をして安否を確認しました。

P1420136.jpg(なかなかこんな心境にはなれない日々が続きます)

(広報F)


岩手県盛岡市にも、キャリアバンクのブランチオフィスがあります。
まだ地元でのキャリアバンクの認知度は高くはありません。
PR頑張らねば!

ちなみに今年4月から、地元の「ジョブカフェ奥州」の運営をキャリアバンクが受託。
北上市出身のT嬢が実家に戻り、若きセンター長となり奮闘中です。
活躍の様子が、「広報おうしゅう」にも取り上げられました↓。

広報おうしゅう.pdf(センター長アップつき、ぜひご一読ください!)

8月9日(水)には求職者のための合同説明会メイプル地下で開催されます。
出展企業のラインナップはこちら

20170807ousyuu.png

盛岡と言えば、先週開催された「さんさ踊り
オフィスのM嬢から、お祭り風景の画像が送られてきました。

sansabijo.jpg(美人が踊ると風情があります・・・)

sansabijo2.jpg(太鼓の音色が聞こえてきそう)

個人的にはやはり「ミスさんさ踊り」が気になります。
8月1日から4日まで、オフィスの周りはお祭り一色だった模様。

sansamangetu.jpg(盛岡の夏の夜は更けていきました・・・)

(広報F)



この春、岩手オフィスに転勤したM嬢。
キャリアバンクは、東北自治体からも行政事業も受託しています。
地元の方たちと一緒に、地元の雇用創出や、若者就職サポートを実施。
そんなホットなオフィスで働くことになった彼女曰く

「ホームシックは恐いくらい無いのですが、
 帰省の時期を質問されるたびに
 北海道に帰ったら、もう盛岡に戻ってきたくなくなりそうで心配・・・」

とのこと。
ううむ・・・これこそホームシックじゃありませんか?

「今週末に、"なんだかよくわからないお祭り"があるそうなので写真送りま~す。」

と元気よい予告編があり、後日、画像とレポートが届きました。

DSC_0431.jpg(OH!、岩手美人が登場)

「今日は"チャグチャグ馬子"(地元の人はチャグ馬子と言うそうです)がありました。
 馬が100頭ほど行進をします。」

※補足
みちのく初夏の風物詩「チャグチャグ馬コ」は、岩手県で200年以上続く伝統行事。
田植えで働いた馬に感謝し、五穀豊穣(ほうじょう)を願ったのが始まりだそうです。
馬がパカパカと歩くたびに"チャグチャグ"と鳴る鈴の音が
環境省の「残したい日本の音風景100選」にも選出されています。

chaguroots.png

「朝から雨が降り中止かと思いきや...」

DSCN0317.jpg

「ちょうど盛岡オフィスの近くに来たころに太陽が射し...」

DSCN0316.jpg(とても気持ちよく見物できました)

「私の部屋からは、岩手山が綺麗に見えます」

岩手山.jpg(はーっ!絶景ではありませんか!)

「食事ですが、郷土料理などはまだ食べに行けておらず...
 ましてや一人で椀子そばを食べに行く強さはまだありません(笑)。
 でもせっかく住んでるので、楽しみたいと思います。」

と、健気に宣言しておりました。
彼女が一人で椀子そばを食べれるようになった頃
きっと岩手が大好きになっていることでしょう。
みちのくの空の下、道産子もがんばっております。

(広報F)


お盆前に、キャリアバンクに届いた謎の商材。
「これ、広報宛てじゃないですか?」
(はて?)

P1400782.JPG(とりあえず女子社員に持たせてみました)


ちなみにS嬢は8/20開催の【医療現場で役立つ知識講座】窓口です。

この看板、よくよく見直すと、宝島社の「女子力アップフェア」商材
紀伊國屋書店さん1階店舗用らしく、すぐにお返ししました。
でもせっかくですから当社でもPRさせていただきます。

P1400787.JPG(かわい~♪ハリネズミポーチ♪♪)

P1400792.JPG(イタリア製バッグ・イルビゾンテが付録ですか!?)

P1400788.JPG乗るだけでいいんですか!?女子の永遠のテーマ、ダイエット)

aP1400790.jpg肩こり女子必見!デスクワークは疲れますよね)

これらはほんの一例です、ぜひ紀伊國屋書店で現物をチェックしてね。
それにしてもこの付録の充実っぷり・・・
本よりも付録がメインとも言える内容ですが、

P1400786.JPG(付録ファンのO嬢「ぜったいオトクです!」)

もはや書店が売るものは、本だけではないようです。

(広報F)


今週は雨の札幌。
ホワイトイルミネーションのはずが、ちょっと残念ですが
やはりキレイです。
いったいどこの夜景かと思ったら、大通8丁目STEPの窓からの眺め。

oodoorifuyu.jpg(LEDになって、今まで以上に透明感が増しています)

STEP(ステップ)とは
生活困窮者自立支援法に基づき札幌市が設置した、生活にお困りの方のための相談窓口です。
キャリアバンクの専門スタッフが、日々悪戦苦闘で皆様のために頑張っております。
この秋、相談者から譲り受けたセキセイインコ
最近の動向をヒアリングしたところ
すっかりN特派員家族の一員として、とけ込んでいるようです。

boo.jpg(っていうかリラックスしすぎ!ぼのぼの、うたた寝ポーズ)

N特派員レポート
---------------

ボーちゃんは最近 「 いーよー! 」という言葉を覚えました。

娘 「ママ りんごの皮むいて?」
N 「自分でむいてよ!」
娘 「え~面倒くさいし・・・・ね~むいて!」
ボー「いーよー!」

絶妙なタイミングで言ってくれます。 笑

--------------
ううむ・・・確実に"なごみキャラ"のポジションを確立中、やるな~。
そんなN特派員に、STEPの社員画像をお願いしたところ、
にこやかな一枚が届きましたよ、彼女曰く

ojisantati.jpg(「金曜日で最後の力を振り絞って笑顔をつくったおじさん達」とのこと)

この他に、女性陣もたくさんおりますので
男女不問でお気軽にご相談にお越しください。
「なかなか遠くて行けない」「入りにくい」と思われている方、
ご安心ください、出張相談会もやってます。
ご家族の相談もOK。

shienbussi.jpg(食料支援の品々~フードバンクからの提供品~)

このように、ビルの一室で待っているだけではなく
時には積極的に外に出て、様々な活動を続けています。
できるだけ支援を必要としている方々にリーチできるよう
活動していますので、ぜひ気軽にお声かけください。

(広報F)


キャリアバンクは各地に拠点があります。
いまは遠く離れていても、ITのチカラで情報共有できるんです、
便利な時代になったな~

P1390813A.jpg(朝礼のセッティング中・・・BYシステムS氏)

でも、テレビ会議システムでは仕事の話ばかりなので、
今回は仙台支店のS嬢から、やわらかネタを取り寄せました。
いろんな画像が届いたのですが、こののどかな風景は・・・?
とある秋晴れの日、芋煮会風景だそうです。

imonikai.jpg(肝心な芋も肉も野菜も写ってはいませんが)

元気そうな、さほど太りすぎてもいないS石氏が写っていて安心しました。
子供も地元にとけ込んで、健やかに成長している様子です。

こちらは仙台支店のそばにオープンした、こだわり焙煎のコーヒー屋さんの商品。

cafesendai.jpg(コーヒー豆の袋がかわいいです)

札幌から赴任しているK嬢が愛飲しているとのこと。
そしてK嬢御用達のもう一つは、こちらも近所にある老舗「佐々重」の味噌。

misoappu.jpg(味噌樽が置いてあって量り売りしてくれるそうです)

種類も常時6種類くらいあって、味見もさせてくれるそうです。
味噌の香りがとてもいいとのこと、さすが東北!!
北海道民があこがれる「老舗の味」、いいな~♪

haichidrink.jpg(ところでこの画像はいったい・・?)

仙台は「配置ドリンクサービス」が始まったとのこと。
2週間に1度、D社のスタッフがドリンクやお菓子の補給をしてくれるそうです。
S嬢曰く

「お菓子の一番のお得意様はT山さんです。
 "ついつい買っちゃう~"と嬉しいような悲しいような。
 "食べ過ぎちゃうので、しばらく買うのは控えよう!!"と先日言ってました。
 ちなみに、カップワンタンのお得意様は、A田さんです」

ううむ・・・「自分もよく買う」だけあって、実に克明なレポートです。
実は札幌本社にもあります、こちらは「うるおい菓子BOX」という名称。

P1390848.jpg(1個100円でセルフサービス)

社内のあちこちのデスクの島に、BOXが設置されています。
おおむね1ヶ月でほとんどがカラに・・・恐るべしおやつパワー!

P1390849.jpg(中身はいつもバラエティに富んでいます)

自分のお気に入りのお菓子を探しにさまよう社員もチラホラ。
ちなみに社長もデスクワークのとき、たまに購入しています。
ちょっと小腹がすいたり、甘いものが欲しくなったり、疲れたとき
手軽に買えて便利なので、非常に助かっています!

yuuwakunookashi.jpg(そして今日も食後のデザートに手が伸びます・・・)

(広報F)



P13906320.jpg(今日は一日雨です)

P1390634.jpg(きっとウチの「雨女」の仕業です。ごめんなさい)

屋外イベント予定の方は中止の憂き目にあったことでしょう。
ただ、天候に左右されない催しもたくさんあります。
その一つが「HTBイチオシ祭り!」

9月4日(金)5日(土)6日(日)の3日間
ケーズデンキ月寒ドームで開催の一大イベント。
弊社のスタッフもあちこちで頑張っていますよ!

北海道の味覚が大集合とあって、昨年は5万人が来場したそう。
今年も周辺道路は渋滞が発生している模様。
各ブースも行列ができているという噂を聞き、
現地特派員から最新画像を入手しました。

11997460_877320612345002_695654074_n.jpg池田町の屋台は雨にも関わらず行列の人気)

いけだ牛まるごとメンチカツ
十勝ワイン製造時の圧搾カスや澱等を飼料として与え、
一貫肥育した「いけだ牛」をまるごと一頭使用。
十勝ワイン山幸でタマネギを煮込む事で肉の風味が増し、
ブドウの葉の塩漬けが、肉の旨味を引きだしたオールいけだの究極メンチカツです。
ですって...食べたくなったでしょう?

11995677_877320595678337_1114963703_n.jpg(人気はこの笑顔のチカラでしょうか)

11994306_877320662344997_370319974_n.jpg(さながら収穫祭、採れたて野菜がまぶしい!)

11949814_877320625678334_1108662504_n.jpg(屋内は平日なのにこの賑わい)

11942242_877320642344999_1079216161_n.jpg(テレビで見たことのある姿もチラホラ)

会場ではクルールwithママズパーティも開催。
親子で楽しめるブースが30もあるそうです、一日じゃ時間が足りませんね。

11949606_877320699011660_972537115_n.jpg(ああ、なんだか超楽しそう!)

明日は雨も上がってさらに混雑が予想されます。
無料シャトルバスが地下鉄「南郷13丁目」から出ていますので
ぜひそちらをご利用の上、ケーズデンキ月寒ドーム会場へGO!

(広報F)


2015 08 / 04

あらっ・・・・

P1390531.jpg

あららら・・・

P1390532.jpg

どうしたの~~!?

P1390536.jpg

というのがちょうど先週の今日。

P1390572.jpg社長・佐藤の朝礼の日でした。

「急がなきゃ!と地下からの階段を昇っていたら転んだE嬢。
足にヒビが入って松葉杖生活から一週間。
かなり回復した模様です。

P1390575.jpg

この暑いさなか、ギプスは蒸れますね。
みなさまも、夏の転倒に十分ご注意ください。


(広報F)


この4月からオープンした生活就労支援センター
キャリアバンクはこれまで、「豊平」をお手伝いしていましたが
この春に統合され、札幌市全体の総合窓口をサポートすることになりました。

場所は大通西6丁目大通公園ビルの8階。
ちまたでは「ヤクルトビル」とも呼ばれており
個人的には2階の台湾料理「大公」が好きです。

ここで働くチームメンバーK嬢から
現場のレポートをしてもらいましょう。

stepdoor.jpg
(8階を降りたらヤクルトorステップ、なのですぐわかります)

 テレビ塔を眼下に望むビルにオープンした
 『札幌市生活就労支援センター"ステップ"』には、
 さまざまなお悩みを抱えた方がお見えになります。

iriguchi.jpg
(明るく広いスペース、通路右側はすべてカウンセリングルーム)

 失業して就職を探している方、病気を抱えていて就職が決まらない方、
 収入がなくて家賃が払えない方、等々
 とにかくお悩み、お困りごとは千差万別です。

pcaru.jpg
(利用者が自ら使えるパソコンもご用意)

 オープン当初は5つあるカウンセリングルームがすべて埋まり、
 会議室兼研修室をカウンセリングルームとして使用することも
 しばしばでした。

soudantable.jpg
(相談員が親身になってみなさんを支えます)

 深刻なお悩みの方、心に病いを抱えている方が多く
 カウンセリングルームで思わず涙する方もいらっしゃいます。

minna.jpg
(わたしたちの経験や人脈をフル活用して全角度からサポート)

 自分の無力さを思い知らされ、落ち込んでしまうこともありますが

 「ここにきて良かった」
 「気持ちがすっきりした」

 と、いらした時より明るい顔で帰られるのを見ると、
 微力ながらも少しはお役に立っているのかと
 こちらも笑顔になります!

oodoori.jpg
(窓からは大通公園が見下ろせます、南向き、気持ちも前向きに...)

 相談支援員、就労支援員全員一丸となって
 「一歩一歩前へ進む」サポートをしています。(BY:K嬢)

オープンから今日までで、ゆうに200人以上の方が相談に。
身近にもし悩んでいる方がいたら、ここをお知らせください。

お問合せは
生活就労支援センター「ステップ」
℡(011)221-1766

(広報F)


某祝日、とあるビルの「お披露目会」に参加してきました。

そこはキャリアバンクが創業当時、2年ほど入居していたビル。
「パワービル」いうそのビルは、
弊社社長の佐藤(当時行政書士)が、30歳の頃に建てたものです。
あれから30余年の時を経て、このビルは新たに生まれ変わりました。

wagaya.jpgシェアハウスwagaya・円山です)

HPより
「待望の円山エリアでのシェアハウス。
 8階建てのビル丸ごと1棟をリノベーションして、
 札幌では最大級の40人規模のコミュニティを作ります。」

果たしてどんな風に生まれ変わったのでしょう・・・ドキドキ。
この日はかつてのビルの入居者や関係者が招待されました。

たれまく.jpg(非常にオープンな雰囲気でした)

このビル、南西角地で非常に日当たりが良いのが特徴です。
2階はかつて店舗だったのを、こうして食堂兼フリースペース的な空間に。

2階.jpg(入居者が共同で使えます)

月に一度は皆でパーティや会合を開いたり、
ちょっとしたイベントを催したり。
互いに交流することで、ハウスの個性や仲間意識が生まれます。
海外の方の入居もあるとか。

厨房.jpg(普段はオープンキッチンで各自が自炊)

ストッカー.jpg(個々人のためのストッカーもこんな風に)

シャワー、トイレは各階にあり、一人ワンルーム。

ろうか.jpg(プライバシーは守られています)

いずれも日当たり&眺め良しですが、やはり南向きは人気だそうです。
既に入居が数人いるようですが、まだ内装準備中のお部屋も・・・。
まっさらなお部屋で新生活スタート、いいですな。

heya.jpg(いまなら好みのお部屋が取れそうです)

円山方面で入居をご検討中の方、ぜひ候補物件の一つにしてはいかがでしょう?
30年前にはなかった、シェアハウスという新しいライフスタイル。

ながめ.jpg(当時の入居関係者、しみじみと見学中)

「うまい具合に作るもんだねぇ」
「円山の鳥居が見えて、縁起がいいパワースポットですよね」
「昔はこのビル以外はみんな背が低かった」
「隣家に日当たりの件で怒られて、ビルの角を削ったんだ」
「すっかり周辺変わっちゃったねぇ」

射殺?.jpg(元オーナーの佐藤も感慨深げに撮影中)

かつては「ビルに住んでいた」と言っても良いくらい
がむしゃらに24時間、365日働き続けた時代を思い出している様子です。
ある意味、佐藤にとってはここが「我が家」だったのでしょう。

当時はグループ従業員でひしめいていたこのビルが
また若者たちの活気で溢れるのは、非常に嬉しいことです。

「1階で餅つきが始まっています、行きませんか?」
と、若いスタッフさんから誘われ外に出ました。

もちつき.jpg(はっぴ姿でお祭りのような賑わいに)

おしるこ.jpg(つきたてのお餅をお汁粉でいただきました)

わがやえがお.jpg(次の世代にバトンタッチした元パワービル)

これからも増えていくであろうシェアハウス。
一棟一棟に、いろんなエピソードや想いが隠れているものですね。
入居者の皆さんも、ぜひそのあたりを楽しみながら住んでいただきたい。
リノベーション」の新たな可能性を感じた午後でした。

(広報F)


2014 10 / 31

盛岡オフィスから、秋の便りがとどきました。
息をのむような紅葉です、「撮り鉄」のM社員が撮影したもの。

森の撮り鉄 釜石仙人峠.jpg仙人峠は紅葉の名所なんですね)

でも札幌の秋はもう今日で終わりと言っても良いかもしれません。
そして今日はどうやらハロウィン
このイベント、日本にもすっかり定着した感がありますが、
かぼちゃのディスプレイも今日で終わりということでしょうか。

いこーる貼紙.jpg(そういえば今週水曜日のいこ~る移動販売の日)

キャリアバンクは元気ショップも応援しています。
こうしてサツエキの「いこ~る」が、
いろんな作業所の商品を売りにきてくれます。

いこーる行列.jpg(あいかわらず大繁盛の店先)

当社従業員はもちろん、職業訓練校の生徒もいますので
なかなかの賑わいを見せております。

大人気はやはりパンなのですが
それ以外にも焼き菓子、しじみ汁、漬物(真空パック)、小物類、
そして季節の農作物も時々ちょこっと入ります。

かぼちゃ.jpg(今月は立派なかぼちゃが売られていました)

ひまわり会がつくった九重栗かぼちゃ

大繁盛.jpg(主婦M崎「このサイズで120円はお得ですよ!」)

買い物かご.jpg(速攻でお買い上げ)

明日から11月、今年も残すところ2ヶ月となりました。
1階の紀伊國屋書店では
既に来年のカレンダーと手帳の特設コーナーが出来ています。
店頭の季節商品で、しみじみと時の流れを感じる日々です。

(広報F)


みなさん、パピーウォーカーってご存知ですか?

盲導犬候補の仔犬を生後50日から約1年間、
家族の一員として自宅で飼育するボランティアです。

その活動をしている社員が業務課の番長ことI女史。
昨年、「子供と母親+旦那の世話のうえに犬なんて!」
という彼女の必死の抵抗もむなしく、家族の強い要望により・・・

zakone.jpg(一匹の愛らしい子犬がI家にやってきました)

nemunemu.jpg(タルボと名づけられた黒いラブラドール)

I家の一員として、すくすくと成長していきます。
家具や持ち物が噛まれたり裂かれたり、
タルボの元気に家の中はてんやわんや。

娘と.jpg(でも子供たちは大喜びです)

唯一の難点は「写真うつりが悪いこと」

雪の中.jpg(雪を背景にしてみましたが効果なし)

「一緒に寝る!」ときかない息子は

檻の中.jpg(とうとう檻に入りました)

季節は秋、冬、春を迎え・・・

桜の樹.jpg(こんなに立派に成長しました)

くろ.jpg(写真写りは相変わらずですけど)

タルボ号の委託終了式は今月末、
一緒に過ごせる時間も、残りわずかとなりました。

そんな中の盲導犬に関する悲しいニュース
I女史はどんな思いで見ているのかを聞いてみました。

↓(以下、本人のコメントです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホントに胸が痛みます。
子育てしてて思うのは、どうも我々の幼少期に比べ
世の中全体の生身の子どもに向ける目が不寛容になったと感じます。

公共の場での子連れ行動は
本当にビクビク緊張した覚えがあります。
他人はもとより親からの虐待、ネグレクトなどなど、
社会的弱者が犠牲になる世の中です。
動物虐待もその延長線上にあるのだろうと思います。

中学生の娘には
世の中は残念ながら「善」ばかりではないこと。
「悪」や「愚行」もあることを伝え、
正しい選択が何であるかをよく考えよ。と伝えました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

障がいのある方のみならず
犬との優しい時間に癒される健常者も大勢います。
悲しいニュースにくじけることなく
これからも多くの盲導犬に活躍してもらいたいと切に願います。

北海道盲導犬協会のサイトはこちら

(広報F)


2014 08 / 16

お盆も通常営業の弊社、社内もフリースペースも静か...
従業員もさすがにほとんどが夏休み中です。

でも一歩外に出ると、サツエキ周辺は観光客・ファミリー・カップルだらけで
なんだかごった返していますよ!
このギャップが去年より激しい気がします、
景気が良くなった証拠でしょうか?

さて、お盆前に仕込んだネタをひとつ。
某日、なにやら派遣チームのほうで賑やかな声が聞こえてきました。

届いたのよ!.jpg(「ついに届いたの!」と喜ぶO嬢)

実はつい最近、チームがバリスタを始めたんです。
(おおっ、小生も気になってたんだよなー!)

「これ一台でお家が楽しいカフェになる」
というキャッチコピーの通り、なんだかマシン周辺が活気づいております。

アンバサダー.jpg(右がコーヒーマシンで、左が製氷機、すごい立派です)

高速製氷.jpg(特に製氷機は「炊飯器かパン焼き機か?」と思う風貌)

氷ができる.jpg(O嬢「ほらっ!こんなにもうできてる」)

「なぜ氷か?」
と申しますと、夏のアイスコーヒー用だそうです。
カップに氷をいっぱい入れて、その上から抽出コーヒーを落とすと
すぐ溶けて冷たくなるとかならないとか。
試しに1杯注文してみました。

抽出中.jpg(こんな感じでジョボジョボ出てくるのを待つ)

O嬢「どう?どうっ??」
小生「う、うん...まぁ美味しいかも」

社内では1杯20円で自由に飲めるようにしています。
インスタントとは言え、マシンによってかなりグレードは上がります。

アイテムもせいぞろい.jpg(ほかにも様々なテイストが楽しめるとか)

「そばにあると、つい飲んじゃう!」
という周辺の声の通り、既にコーヒーは追加発注済みとのこと。

既に追加発注.jpg(ネスレ社の戦術に乗りまくりの弊社であります)

テイストはもちろんの事ですが
仕事でちょっと煮詰まったとき、コーヒーができるのを"待つひととき"って
予想以上にリフレッシュ効果が高いと思います。

寝起きの亭主.jpg(こんな風にね)

(広報F)


某日はじめて訪問した生活就労支援センター・とよひら
こちらは今年1月8日からキャリアバンクが
札幌市から委託を受けて、運営しています。

さまざまな理由で生活にお困りの方へ、
おもに就労による自立に向けて、
相談員が継続的・包括的な支援を行っています。
(こちらの施設は豊平区の方へのサービス)

地下鉄平岸駅からは直進・徒歩10分ですが

バス停も目の前.jpg(停留所がビルの目の前なのでバスもおススメ)

平岸5の8(中央バス)
平岸4の7(じょうてつバス)
こちらで降りられても便利でしょう。

上にしてもらった.jpg(入口に看板もあるのですぐわかります)

担当S女史「この看板、はじめ二段目だったんだけど、
大家さんのご厚意で上にしてもらったの・うふ♪」
おかげさまで目立っています、ありがとうございます。

受付スルー.jpg(ビル1階には管理人受付の小窓が)

「入館の際には必ず受付に行先をお知らせください」
と表示がありますが、どうやら業者さん向けのようですので
一般の方は気後れせずにエレベーターにGO!

6階で降りてくださいね。

おいでやす.jpg(入口でキメ★のポーズS女史)

センターの受付.jpg(こざっぱりとした受付)

パーテーションの奥に、私たちの仲間がスタッフとして働いています。
気軽に寄っていただける雰囲気づくりを心がけ、
狭いながらも明るいオフィス。

良い眺め.jpg(おおっ!6階とは思えない眺めの良さ)

オフィス内はこんな感じ.jpg(オフィス内はこんな感じです)

快適さを追求しています。特に空調。

湿度たかすぎます.jpg(うるおいを逃さず...当日はやや湿度高め)

生活保護にいたる前の自立をめざし
就職支援や生活改善をサポートするのが我々のミッション。
少しでも皆さんのお役にたてればと。

面接対策中.jpg(これから面接に向かう方に、模擬面接でレッスン中)

面接官役のN氏、日々、企業訪問や同行で外歩きに汗を流しています。
この日は急に夏のような日差しが照りつけ
「今朝より日に焼けている」と指摘を受けていました。

チームプレーを何よりも大切にしているセンター。
私たち仕事探しのプロが
その経験値と個々人の人生経験、英知と個性を結集して
あらゆる問題に立ち向かっております。

ヤングマンS.jpg(若手ホープと冷やかされていたS氏、静かにキメのポーズ)

相談者の中には、債務超過でお困りの方も多いそうです。
そんなときは、法テラスさんと連携しながらサポートしています。
法律、行政、福祉、医療...(キャリアバンクは雇用)
それぞれのジャンルで、最適・的確なアドバイスができるよう
ネットワークを広く密に張り巡らせる必要があります。

法テラス.jpg(こちらも頼れる存在です)

最近は、若い女性の貧困問題がクローズアップされていますが
シングルマザーの相談も受け付けております。
「自分は該当するのかな?」
「誰に相談していいの?」
と迷ったら、お気軽にお電話またはお越しください。

帰路.jpg(問題解決の糸口を一緒に探せるはずです)

まず今日から、その一歩を踏み出してみませんか?

「生活・就労支援センターとよひら」

札幌市豊平区平岸5条7丁目8-22
第2平岸グランドビル6階
℡(011)816-5322
平日8:45~17:15

(広報F)


某日、こんな新聞の記事に目がとまりました。

高級オーブン.jpg(10万円前後でも人気のようです)

「タニタの定食が作れる」
「両面から"蒸し焼き"」
「集中加熱、焼き物早く」
などなど、各メーカーが趣向を凝らしています。

「加熱水蒸気をターボで噴射」
「光ヒーターによるグリル調理」
「発熱最高温度が250℃」
ひゃ~っ!ハイテク過ぎて使いこなせるか心配です。

そんな高級オーブンレンジの販売担当S氏。
外勤帰りの一服時を奇襲しました。

シルエット.jpg(撮られるがまま、立ちすくむS氏)

「Sさん、慌てているのを見たことがありません」(BY:Y嬢)
「S氏、面白くないトークが皆さまの心をヤケにゲットしている」(BY:I女史)
と、最近社内で注目を浴びている"個性派営業マン"。

一服中.jpg(「価格の交渉はみなさんの腕次第」と豪語。客任せか?)

家電モノは、ボーナス商戦に向けて新商品を発売する時期。
S氏曰く
「新商品は、ベーカリーとレンジが一体型になっています。
焼き時間も従来の半分以下と、大幅に短縮されました。
パンにいろんな具材も投入できて、夢が膨らみます。
僕なら何を入れるかな...ケーキとか...」

はて?

おすましS.jpg(30歳独身、公私ともに天然キャラで売り出し中です)


(広報F)


2012 01 / 31

いや~!寒い日が続きますね!
雪も大変だけど、寒さもなかなか・・・
まさに"なまらしばれるべや"という北海道弁がぴったりな季節、
皆さま風邪などお召しではありませんか?

と言いつつ、既に社内では順番に洗礼を受ける者が続出。
でもピークは少し過ぎた・・?ような気もします。

E.jpg(かなり長期間マスクマンのE出氏)

O木マスク.jpg(ツライ症状で寝込んだ新人O木君。今はすっかり元気です)

マスクでガンを飛ばす.jpg(根性で治したM原嬢、彼女も無事復活済み)

M井風邪.jpg(同じ部署のM井嬢も、相当辛そうでしたが)

戦略的に営業.jpg(こうして打ち合わせができるまでに回復しました)

ちょっと免疫力が落ちていると
この寒さで一気にウイルス感染しやすくなるようです。
ちなみに普通の風邪から、インフルエンザにかかった秘書★司。
かかりつけの名医から素晴らしい薬を紹介され、劇的な回復を遂げたそうです。

見てみて!.jpg(「先生から"みんなに広めてあげて"と言われたの!見て見て!」)

タミフルでもリレンザでもなく、その名は「イナビル」。
まだ世間ではあまり知られていないようですが、
秘書★司曰く
「やっぱり勉強している先生は、情報が速いわ~♪」

イナビル.jpg(2回吸うだけで、翌日には熱が下がるそうです)

(ホンマかいな・・・)
と疑心暗鬼の小生でしたが、今朝のNHKニュースを見てビックリ。
まさにこの新薬が取り上げらたのです、タイムリー!
何事も情報のスピードが大事ですな。

(広報F)


2011 10 / 12

某日、小生の席から一番遠い場所のT野氏が
この周辺をウロウロしていました。
その様子、何かを必死に探しているようです。

徘徊くま男.jpg(「ゲットしたぜ!」会心の笑み、その手には・・・)

餌げっと.jpg(ロングセラー商品「柿の種」が)

今、彼のマイブームになっているこのお菓子。
「だって、俺の周辺のおやつボックスからは、ぜんぶ買い尽くしちゃって・・・
もう残されているのはこことあそこしか無いんだもん(涙)」

その数日後、似たような現象が札幌市内で発生。

クマ警戒.jpg(どうやら山のドングリが無くなって下山したようです)

これまで"熊出没"といえば、郊外がパターンだったのに、
今年は街中まで出てきたシティ派のクマさん。

新世代?.jpg(新世代とまで言われています)

クマが出没した高級住宅街に居住している、某取引先の方曰く

『昨晩は秋刀魚を焼いておびき出していたのですが、
残念ながらクマさんはいらっしゃいませんでした。
"円山動物園に来る客は徒歩を避けて車が大混雑"って
こっちは住んでいるんですけど、という感じです。』

マスコミ報道ほど地元はピリピリしていない、
・・・というか、日常生活に溶け込んでいるようです。
市民のこの様子に驚いている社員が約一名。

関西人もびっくり.jpg(生まれも育ちも関西人M田氏)

「北海道の人って、熊が出ても普通にしている・・・信じられない!」
なにかこう・・・怪獣が出たに匹敵するかのような
大パニックを想像していたようなのです。

リラッグマ.jpg(社内にもクマさんがいっぱい)

M田氏もクマ出没地域内に居住しており、
我が子以上に(?)気が気ではない日々を送っています。
そんな彼が、先月故郷の大阪に里帰りをしました。

あれもクマ.jpg(ダントツの人気はリラックマ)

彼が帰省した時、運悪く台風が現地を直撃。
避難勧告まで出され、実際に避難所まで足を運んだようです。

ほっくー.jpg(ほっくーだって負けてません)

そこで目にしたのは・・・・
避難所で酒盛りを始めた、ご近所のじいちゃんばあちゃん達。
関西人はどんな境遇にあっても、底抜けに陽気なのでありました。

これもクマ.jpg(こんなクマもおりますし)

M田氏「すでに俺の居場所はここにはない・・・」
と一抹の寂しさを抱いて、札幌に戻った彼を直撃したクマ騒動。
いまひとつ道産子のおおらかさにも着いていけないようです。

ちがうちがう.jpg(あっ・・・ちょっと間違った)

北と西の間を揺れ動く、M田氏のためにも
一日も早くクマさんが山に帰ってくれることを祈ります。

(広報F)


始まりました黄金週間、皆さん、どのようにお過ごしでしょうか?
ちなみにキャリアバンクは暦どおりの営業です。
それにしても、パッとしない天気が続きますね。

悪天候GW.JPG(こんなんじゃ、外に出る気も半減です)

朝活Ⅲはじまります.JPG(来週から朝活Ⅲも始まるというのに・・・)

そんな冴えない天候など全く意に介さない、S藤講師。
嵐の日に相応しいスタイルで登場しました。
受付H嬢「S藤先生しか着こなせないファッションです」

ギャランドゥは1本だけ.JPG(なるほど、情熱の赤と黒・・しかも皮ジャン!)

しかし、一般人はこの風雨にやられています。
特に傘が壊滅的でして、社内でも「壊れた」という声が続発。

1階ごみ置き場.JPG(1階のゴミ置き場はさしずめこんな状態)

「被害者」司嬢は、大切な思い入れのある傘だったので
シ●リーの店で直してもらいました。

司の歴史ある傘.JPG(「420円でちゃんと直るなんて~♪」司感激!)

受付嬢.JPG(H嬢「でも私の100均傘の修理にその金額は・・・」)

GW後半は、スカッと晴れると良いですね。

(広報F)


2011 01 / 18

いやはや・・・本当によく降りましたね。
某日、外出する予定を入れていたのですが
一日中降り続いている雪に、ユーウツになりながら会社を出発しました。

雪のホーム.JPG(JR札幌駅から見た風景、白い&寒い・・・)

JRのダイヤも大幅に乱れ、定刻に発着することはほとんどない状態。

雪だらけ列車.JPG(ホームに戻ってきた列車はご覧のとおり、雪まみれです)

客先の最寄り駅から、徒歩15分。
夏場は爽やかな道中も、この冬はことのほか遠く感じます。
降り積もる雪で、歩道もかろうじて人ひとりが通れるくらい。

雪の工事現場.JPG(真冬の工事現場も大変そう、作業の皆さんご苦労様です)

通りかかったローソンの店頭には、冬の風物詩。

ポリタン.JPG(灯油が切れたらおしまいです)

所用を済ませて某駅から帰ろうとすると
いつもと違うホームで待つようにアナウンスがありました。

ダイヤは乱れ.JPG(4分遅れるとのこと、ぶるる・・・・)

乗り込んだ列車の社内で

JRステッカー.JPG(弊社のステッカーを発見しました♪ちょっと嬉しい)

札幌駅に降り立ち、ようやく大丸デパートまでたどり着きました

大丸中国.JPG(大丸のカード、中国語のステッカーが読めません)

なんて書いてあるのか、張さんに聞かなきゃ・・・。

大丸前で待つ.JPG(もうsapporo55ビルは目の前、帰ってきたよ~!)

ここは一昨年、K君が転倒して骨折した交差点、気をつけねば!

この冬の外出、まったく時間が読めませんな。
雪や氷に足をとられて、いつもより歩みも遅くイライラします。
また、ご自宅の雪かきで疲弊している方も多いかと思います。
みなさま、どうぞくれぐれも、お体ご自愛ください。

(広報F)


2010 02 / 03

「はーーっ、寒いねーっ!!」
まずは開口一番、このセリフが出てしまいます。
さすがの道産子も、連日この寒さはこたえます。
外出するにもちょっとした勇気が必要な今日この頃。

自転車には乗らないで.JPG(とにかく危険なので凍った路面を自転車では走行しないでいただきたい)

そうそう、今週末からは「さっぽろ雪まつり」が始まるんですね。
東京のお客様から「今年の見どころは?」と聞かれて
「(はて・・・?)」
地元民は雪まつりへの関心が薄いのです。
これではいかんと、手にとってみた無料リーフレット。

雪まつりポスター.JPG(街のあちこちに、このポスターも掲示されていました)

ちょうど通りかかったテレビ塔近辺では
氷の像を作っていました、ううっ、ブルブル!
大通会場1、2丁目は、どうやら氷がテーマのようですね。
1丁目のスケートリンクは昨年、「28年ぶり」の開催でたいへん話題になりました。

氷の像.JPG(氷は夜のライトアップが、ムード満点だと思います)

大通3丁目ではスノーボードジャンプ台の設営が進んでいます。
この高さと規模・・・、ほとんど建設ですよね。

エア会場設営.JPG(しかしこの高さを飛ぶのも怖いだろうなぁ・・・)

これだけ寒ければ、完成間近の雪像が融けだす心配もないでしょう。
でも氷点下の中での日々の作業・・・
帰ってから熱い風呂と日本酒が欠かせませんな。

雪像作成中.JPG(くれぐれも風邪と怪我には気をつけて!)

ふと会場から目をそらすと・・・

北洋銀行のビルも.JPG(旧拓銀本店跡地の北洋大通センターも、かなり出来上がっていました)

ゴールデンウイーク頃にはオープンするようです。
ちょっと先だなぁ・・・春が心から待ち遠しくなってきました。
道外、海外の皆さま、いまのところ地元はこんな準備風景です。
どうぞ暖かくして会場にお越しください!

(広報F)


2009 08 / 28

某日外回りをしていたら、大通り公園付近がやけに物々しい雰囲気で
思わず足を止めてしまいました。
警察官の数が妙に多いのです、事件でしょうか?

選挙警察.JPG(つい取材魂が・・・さり気なく撮影してしまいました)

周囲の言動に聞き耳を立てていると、
どうやらもうすぐ、ここに麻生総理がやって来るそうです。
選挙活動もたけなわ、全国各地の立候補者のフォローに
党首達も全力を尽くしています。

選挙人だかり.JPG(結局このあと1時間遅れで首相は到着したそうです)

帰り道、さっぽろ駅コンコースを通ったとき
ある光景を見て思わず愕然としてしまいました。

選挙広告.JPG(一等地にまったく広告の掲出がありません)

景気は底入れしたと言いますが、
打撃を受けた影響が、そこかしこに暗い影を落としています。
企業が疲弊すると、雇用の活性化も減速してしまいます。
北海道経済の行方を、誰もが不安に感じているのではないでしょうか。

そんな折、札幌青年会議所の主催で、
北海道某区の立候補者の討論会があったので参加してきました。
北大宮脇淳教授をコーディネーターに、
①社会保障と福祉
②国の在り方と地方自治
③防衛、外交問題
この3つのテーマについて、各候補者が持論を展開しました。

選挙チラシ.JPG(ライバル4人の候補者の政党チラシ)

小生、こういった演説会は初めて参加しましたが、
TVでも街頭でもなく、フラットに候補者の主張に耳を傾けることができる
大変良い企画だと思いました。
今週日曜日は、いよいよ投票日です。

選挙研修.JPG(弊社でも選挙関連の派遣の研修が行われました)

各候補者の主義主張は様々ですが、
「北海道、そして日本を良くしたい!」という信念は一緒です。
こうして国民の為に出馬してくれること自体、有難いことと感じました。
皆さんも是非、投票にお出かけ下さい。

(広報F)


風邪からようやく復活した広報Fです。
小生の体調回復と入れ替わりで、
新型インフルエンザの話題が、世界中で大きくなってきています。
巷の薬局やスーパーを回っても、マスク売り場には「欠品」の張り紙が・・・。

2009マスク.JPG(今になってマスクの有り難味を痛感)

自宅にいるとテレビニュースばかり見ていました。
トップニュースは、どの局も新型インフルエンザの話題。
今朝久しぶりに出社するのが少し怖かったのですが
オフィスやビル内は、拍子抜けするほど普段どおりの光景でした。
ま、そりゃそうですよね・・・。

2009マスクマン.JPG(マスクをしているのも、元気そうな?T氏だけ)

ウイルス対策は重要ですが、
メディアに煽られるのも、いかがなものかと実感しました。
気がつけば、札幌はもう初夏が訪れたような陽気です。

2009初夏?.JPG(日差しのコントラストがくっきりとしてきました)

2009花壇.JPG(55ビルの花壇も春バージョンになっていました)

しかも社内、まだ冷房は入りませんから・・・ちょっと暑いんです。
半袖の社員もチラホラと。

2009シースルー.JPG(この方に至ってはシースルー!)

パンデミックの脅威は感じますが
家に閉じこもっているばかりでは勿体無い気がします。
なんたって、これからが北海道のトップシーズン、
うがいと手洗いを徹底して、どうぞ楽しいGWをお過ごしください。

(広報F)


2008 12 / 26

突然ですが、いきなり普段着の社長で失礼します。

2008.12.26-1.JPG(けして寝起きではなく、ソフトな表情を作っているのです)

今朝の北海道新聞朝刊をご覧になりましたか?
「地球にやさしいエコ・プロジェクト」と題して一面で特集記事が組まれましたが、
弊社社長、佐藤良雄も登場しております。

2008.12eco.JPG

昨年も実は同様の企画がありました。(詳しくはこちら
何が可笑しかったって・・・

2008.12.26-2.JPG(撮るほうも撮られるほうも、同じメンバーだったことです)

「なんだか季節の風物詩みたいですね」
と互いにリラックスした雰囲気で、撮影&取材は和やかに終了しました。
でもこの1年余りで、国民のエコに対する関心は飛躍的に高まりましたね。
それは地球のためというより、最近は節約のためという理由が大きいのかもしれません。
景気減速がここまでひどくなるとは、1年前どれだけの人が予測できたでしょう。

2008.12.25-3.JPG(そこで目にした日経ビジネスのある記事)

「イヤならやめろ!」でおなじみ、堀場製作所の最高顧問、堀場雅夫氏。
最後のページ「終わらない話」で吼えています。

「こんな事を言おうものなら、売国奴と言われるかもしれないが」
と前置きした上で、地球温暖化の原因が二酸化炭素と決めつけ、
”CO2削減”をスローガンにした取り組みに異論を唱えています。
まさにエコプロジェクト、一刀両断・・・。

でもCO2排出量削減に反対なのではなく、
「何でも単純化し、同じ方向に走ってしまうのが日本人の悪い所。
要は優先順位の問題だ」と明確に主張しています。
エコのみならず、今の日本の様々な事象に当てはまる事かもしれないと、
小生深くうなずいた次第です。

2008.12吹雪.JPG(それにしてもひどい天気の年末です)

(広報F)


2008 04 / 15

4月と言えば新入学シーズン。
「入学式の写真ありますか?」の質問に
普段会社では見せない表情になる親たちが沢山います。

たとえば業務課Iママ。
「家に帰って探してみる」と言って、次の日出てきたのがこちら。

入学式.JPG(おおっ!典型的な入学式の図です)

教室内には、オモチャのようなちびっ子達がいっぱい。
関係者ではありませんが、こんなショットも印象的でした。

入学式2.JPG(子供ながらに助け合って・・・美しい!)

こちらは職業訓練校Tママ。
「え~っ写真ですか~?」と断られるのかと思ったら
「入学式っぽいのが無くて」と、即効送られてきたのがこちら。

T夫人御令嬢.JPG(かなり写真慣れしたポーズ、極めています)

そうかと思えば入学式当日のスケジューラーに
「有休休暇(愚息の入学式)」と書き綴ったメディカル事業部Kママ。
「えっ・・・写真ですか?」と怪訝な顔をしつつ、お持ちくださいました。

K女史ご子息.JPG(およっ、結構イケメンじゃん)

自分のショットは嫌がるけれど
子供の露出は皆さん歓迎ムードでした。
そんな愛情を一身に受けて、この子達はどんな大人に成長するのでしょう。
人の子ながら、想像するだけでも楽しみです。

(広報F)


昨日朝、通勤途中に転んだ広報Fです。
今年で2度目、年齢が原因とは思いたくありません。
車でさえスリップしていましたから・・・。

かんじき.JPG(いっそ”かんじき”でも履けば良いのでしょうか?)

札幌市の除雪費削減の影響もあるのか、
異常気象に除雪が追いつかないのか、
例年よりも、何となく歩きづらい、運転しづらい気がします。
雪は美しいものですが、生活上、つい愚痴も出てしまいます。

かんじき2.JPG(札幌芸術の森で開催中のかんじきウォーク)

システムK君は、夫婦で先日「かんじきウォーク」に参加。
3/20(祝)まで、札幌芸術の森の野外美術館を
かんじきで鑑賞しようという、雪国ならではのイベントですね。

雪明り.JPG(この夫婦は小樽まで足を伸ばした)

K君「この間二人で”小樽雪あかりの路”も見に行ってきたんですよ」
・・・おノロケですか?雪も融けそうです。

雪明り2.JPG(こんなムード満点の小樽の夜) 

ニュースでは、かなりの人気だったと聞いていましたが、
実は今年で10回目になる、小樽の冬の風物詩なんですね。
”開催当初から、「さっぽろ雪まつり」とは対照的に、
「参加型」「手づくり」にこだわって回を重ねてきました。
期間中延べ15万本もの素朴なキャンドルの灯りが小樽の夜を照らし出します。”
(公式HP,イベントコンセプトより抜粋)

雪明り3.JPG

雪を楽しむ、北海道のさまざまな「工夫」や「思い」があるのですね。
明日から3月。
もうすぐこの銀世界との別れが近づいています。

(広報F)


1/25にオープンした外資系総合量販店、取材U氏のこぼれ話です。
巷の話題と先着プレゼントの力で、連日お店は大賑わい。
この日は100名以上が開店前から行列を作りました。

こすとこ行列.JPG(ちなみにずーっと氷点下ですよ)

そして車も行列。
日曜の午後、ものはためしで来店したM嬢
「駐車場待ち30分ですよ、すごい行列でびっくりしました!」
隣接のカー用品店「Y」にも、流れ込んでいる車がいるようです。これは初日の写真↓

こすとこお隣駐車.JPG(Y店開店前にこの状態)

「当店も相乗効果があるかもしれないので、オープニングは仕方ないですよね」と
ある従業員の方が言っていたそうです。
さすがプラス思考の発言です、懐が深い!
なんたって箱モノが売りですから、ちょっと買っても大容量。
ココのところの大雪もあり、やはり車は地元じゃ欠かせないんですよね。

こすとこ2.JPG(家族総出で買い出し。母は強し)

ちなみに当社派遣スタッフは、”某”クレジット機能つきコストコカードをPRしています。
青いジャンパーが目印、クレジットカード自体の年会費はモチロン無料です!

こすとこ駐車場.JPG(氷点下の中、激務をこなすスタッフに明るく声をかけてね!)

カードについてはこちらで予習してから行くと便利かも↓
http://www.costco.co.jp/membership.htm

(広報F)


先日私がバスに乗ったときのことです。後部座席に女子高生が座っていました。
彼女は自分のかばんを座席に置いていて、バスの中は少し混んでいました。
みどり座席.jpg
「かばんを膝の上に置けば他の人が座れるのに・・・。」
こんな状況って最近よくありますよね。周りの人たちは見て見ぬフリです。
私は注意しようかどうしようか迷いました。注意したらトラブルにならないか、どうやって声をかけようか、考えれば考えるほど悶々としてきました。

そこへ!いかにも「おばちゃん」という風貌2人組がバスに乗り込んできました。
彼女たちは女子高生のかばんを置いている席をすぐさま発見!さすがです!
真っ先に近寄っていきました!!
「(微笑みを浮かべて)すみませ~ん、ちょっといいかしら?(すでにおしりは座る体勢)」と一言。
女子高校生は嫌な顔ひとつせず、あっさり自分のカバンを膝へ。
おばちゃんのコミュニケーション力に感服です!注意しようと思った自分がちょっと恥ずかしくなりました。
最近は「話し方講座」など流行っていますが、意外にコミュニケーション上達のヒントは、日常に転がっているのかもと思った瞬間でした。

ずうずうしいのは禁物ですが・・・。(苦笑)

(サリー)


去る6月24日(日)、モエレ沼公園で「ママチャリ耐久レース」という大会があったのはご存知でしょうか?1周約4kmのコースを4時間で何週走れるかを競うといったもので、今回初めてキャリアバンク選抜チーム「CB☆スターズ」を結成し、参戦いたしました。

「CB☆スターズ」は男性6名、女性4名、平均年齢29才の精鋭部隊で構成され、普段の運動不足を解消すべく朝7時から現地入りし、肉離れをしないように念入りに準備運動に精を出しておりました。

交代制とはいえ、そもそも4時間も運動し続けることが出来るのかという弱気な雰囲気の中、レースが始まりました。チャリの運転からして不安な人、本気で飛ばす人、「景色を楽しむ」とか言ってレースを無視する人など様々な走り方でしたが、快調に回を重ねていきました。ちなみに僕は「怪我してもイヤだし、ゆっくり走ろう」って思ってたんですが、チャリに乗ってピットを飛び出すと独特の雰囲気に呑まれ、何故かレーサー気分で激チャリしちゃいました。

mamachari1.JPG(「意外と楽しい~♪」)

晴れたり曇ったり、そして時々小雨も降ったりといった天気でしたが、そんなこんなで気が付けば、目標の完走を果たしました。最初は長いだろうと思っていた4時間もあっという間で、驚くほど達成感を味わうことが出来ました。

いつもは職場でしか接しない仲間と、青空の下で同じ自転車に乗っていると普段とは違った一面が見え、新鮮な気分になりました。ますます団結力もアップした気がします。次の日、日焼けしたみんなの顔を職場で見たときも何故か嬉しくなりました。

mamachari2.JPG(激走のあとの焼肉は旨い!)

軽い気持ちで参加した「ママチャリ耐久レース」でしたが、想像以上に楽しかったです。来年も頑張りますんで、「CB☆スターズ」の応援、是非ともよろしくお願いいたします!
(MM)


2007 06 / 15

初めて献血センターに行ったときのこと。
ジュース、お菓子飲み食べ放題という友人の誘いを受けて、つられて行った。
社会に貢献したい!!なんて思いはひとかけらもなく。
無事に献血は終わったのだが、数日後に献血センターから郵便物が届いた。
中身はAB型(Rh-)と書かれた献血手帳だった。(Rh+)だったはずなのに。
ショック!!!ただでさえAB型は少数派なのに、(Rh-)は2,000人に1人という割合らしい。流血できない…。現実はそんなことめったにないのだろうけど。
実は私、AB型(Rh-)に加え、双子で左利きと身体的にかなり変わっている。
不都合と思うこともあるけれど、今はこんな身体的特徴を持ってラッキーだと思っている。
なぜなら営業という仕事をしていて、とても有利だということに気づいたからだ。
初対面の人に自分を覚えてもらえる確率が高くなる。話題も広がる。
人より少し変わっていると思えることでも、見方を変えれば強みになるんですね。
みなさんもプラス思考で、今日もハッピーな一日を!
(サリー)

kenketu.jpg


「つま恋で31年ぶりの野外コンサート」先日そんなイベントが話題を呼んだ。
テレビに映る吉田拓郎らの世代、一般に言う中高年(の皆さんすいません)は、いつもの疲れを忘れたかのように、とても活き活きとして輝いていた。
最近流行の「ちょいワルオヤジ」なる人種とこの頃よく出会うのだが、皆、ギラギラした時代を通り過ぎて、肩の力がいい感じに取れている。

続きを読む: 「ちょいワル」への道

2006 07 / 13

行ってきましたよ、久しぶりに東京に。仕事でね。 自らの名誉のために言っておくが初めてではない、プライベートでは何度も(一応ね)。ただ仕事では初めて、これって意外と緊張するものなのだと判明した。なんといっても絶対に遅刻が許されないのだから。tokyotower.jpg
東京といえば・・・?
続きを読む: 東京物語

2006 06 / 12

いよいよ始まったドイツワールドカップ、巷には寝不足のサッカーファン、仕事中の睡魔と闘うビジネスマンがあふれていることだろう。特に今回は日本時間とぜんぜん時間があわないから、見たい試合によっては真夜中あり、明け方ありと容赦ない。
わが亭主も一応熱心なサッカーファンなのだが、唯一重大な悩みがある。それは、テレビでサッカー観戦中に必ず“うっかり”寝てしまうということ。「それは本物のサッカー好きではない」と突っ込まれそうなのだが・・・・。キックオフ直後はとにかくテレビを見ながら一人で良くしゃべっている、「おーっ!」「うわ~っ!」「何やってんだ!」「○○はオフサイド取られすぎだ」「なんでいちいちイエロー取るんだ」等々・・・あなたは返事のない私に話し掛けているのか?いや、たぶん興奮して黙ってはいられない子供状態なのだろう。
mizu.JPG
頑張れニッポン
続きを読む: 魔の90分

2006 05 / 15

私は毎朝カモメの鳴き声を聞きながら出勤している。 「う~ん、磯の香りが今日も清々しい・・・って、ここは港町かいっ!」 と、心の中でいつも突っ込みを入れている。 なぜならここはれっきとした札幌の町、しかも結構都心に近いのだ。 最初カモメを都心で目にしたのは10年ほど前だったか。 当時はカモメを見るのが珍しくて驚いたものだ、卸売り市場の魚でも追いかけてきたのか?などと考えていた。 kamome.jpg
続きを読む: 港町さっぽろ

2006 05 / 02

先日同じ部署の女性が素敵なコートを着ているのを見て、何気なく 「いいねそれ、おニューなの?」と声をかけた。 すると彼女は嬉しそうにうなずいたあと、急に気の毒そうに声をひそめて言った 「Pさん、もう『おニュー』って言葉、古いんだよ」ohnew.jpg
続きを読む: 流行という地雷

先日、取引先の営業マンが久しぶりに来社した。
ところが、いつものような「キラキラ感」を失って、心なしか元気がない。
声に張りもなく、顔も青白いのでよくよく聞いてみると、体を壊して一時的に入院したそうだ(やっぱり・・・)。
chono.jpg
続きを読む: 一人暮らしで病気になった時

2006 04 / 10

どうも歯が痛い気がして、行きつけの歯医者に相談してみた。 すると「虫歯はないです。どうも歯が摩耗するほど強く食いしばっているようです。それで歯に負担がかかっていますね。」と診断されてしまった、ガーン!
だいたい常日頃、歯ぎしりがひどくてマウスピースまで処方された夫をさんざんバカにしてきた私が・・・不覚である。
先生曰く、痛みが治まらない場合は、どうやら私も夫同様マウスピース仲間になるらしい、ショック・・・。
gum.jpg
歯が命は芸能人だけじゃない!?
続きを読む: 食いしばりすぎ

2006 03 / 28

最近、近所に小さな古本屋が出来たのでずっと気になっていたのだが、先日初めて店に入ってみた。 店舗の作りはいたって平凡だけれど、予想以上に自分好みのラインナップで、すっかりその店が気に入ってしまった。book.gif
古本ではありませんが・・・。
なんといっても「えっ!?なんでこれが中古で出ちゃうわけ?」と驚くような本がゴロゴロ並んでいるのだから、さして本好きでもない自分も舞い上がってしまう。 短い時間で2冊のハードカバーを選び、店主らしき中年男性の待つレジへと向かう。 こういう瞬間、一般の書店よりも古本屋はなぜか緊張する。新しい本と、古い本を買うのは、値段や本の状態以外に、「何か」が作用している気がするのだ。
続きを読む: 「まちの古本屋」

我が家を訪れる人たちが、皆口を揃えて『殺風景な部屋だ』『何もなくていいね』と言うので、思い切って観葉植物を買うことにした。30.jpg
とは言うものの、植物はミニサボテンを育てた(放っておいた?)くらいしか実績のない夫婦である。何を買うかまずは話し合ってみたものの、二人分の頭脳を駆使して出てきた名前はポトスとベンジャミンだけ。話し合いはすぐ終わったが、ありきたりは嫌という見栄だけあるから、最終的にはオークションの写真を見て気に入ったものを衝動的に落札してしまった。
二週間後…宅急便屋さんが我が家に運んできた荷物を見てびっくり。高さ180cm、葉っぱをびっしりと生やした巨大植物であった。その名は『シマトネリコ』…しかもかなり育っている。えーっ!観葉植物ってもっと小さいものじゃないの~???その後改めてインターネットで調べてみると、シマトネリコ、シマトリネコ、トネリコ、トリネコ…となにやら種類はよく分からないのだが、とにかく南国の樹木であり成長はすこぶる早くいずれは十数メートルもの大木になるらしい、という記述を見つけさらにたまげた。
続きを読む: この木なんの木気になる木

2005 12 / 05

同じビルにある紀伊国屋書店で現在開催されている、 オーロラのスライドショーを、通りかかったついでに何気なく見た。
(勤務中ではありません、念のため)

続きを読む: オーロラ

 久しぶりに近所の銭湯に行ってきました。
はぁ~・・・やっぱり大きな湯船っていいわねぇ♪
ジャグジーに露天風呂、半身浴の湯船に浸かってしばし瞼を閉じると、日頃のストレスも忘れてしまいそう。ところが私の隣に40代と思われるご婦人2人が陣取ってから、突如静寂は破られ、周囲は喧噪に包まれました。

続きを読む: 公衆の面前で・・・

2005 09 / 02

 家事って面倒臭いですよね・・・。テレビ番組でも「いかに楽して家事をするか」という特集がよく組まれているので、私だけではないと思う。
 ただ家事の中でも、得意・不得意がはっきり分かれるのが「料理」と「掃除」ではないでしょうか。大体、どちらかが得意で、もう一方は苦手という傾向が。

続きを読む: 料理 VS 掃除

2005 08 / 01

20_01.jpg

 ちょっと年寄りじみているが、私は園芸が趣味である。 ここ数年で「ガーデニング」というオシャレな名前も定着してようやく市民権を得た気もするが、 自分にしっくりくるのはやはり「園芸」。

続きを読む: きょうの園芸

2005 07 / 22

 ある日の午前中。

 その日はシフト出勤でピーク時を外れていたため、JR車内は余裕を持って座ることができました。空いていたのが通路側の席、重いバッグを膝に乗せ、読みかけの文庫本を開いて貴重な読書タイムの開始です。

続きを読む: ある日の電車で

2005 07 / 13

 先日、娘を連れて「小樽交通記念館」(小樽市手宮)に行った。
学芸員の方が案内してくれた先に、お目当てのバスはひっそりと佇んでいた。

続きを読む: ボンネットバス

 自分が今まで読んできた本を全部見られたらなあ…って思うことありませんか?
ひとつの本棚に順番に収まっていて、ぱらぱらめくれたら。

続きを読む: 個人読書録ライブラリー

2005 07 / 05

 「るるる~♪」
これは夫の心の声ですが、先日某自動車会社の新車の試乗に行って参りました。

続きを読む: 試乗車

2005 06 / 28

 『赤』には、「全くの」とか「何もない」とか「明らかな」という、強調する意味があります。
『赤っ恥』、『赤裸々』、『真っ赤な嘘』、『赤の他人』などがその例です。

続きを読む:

2005 06 / 24

 4月18日にオフィスが引越し、現在のsapporo55に通勤し始めて早や2ヶ月あまり。 以前は時計台ビル=大通駅へのアクセスだったのが、札幌駅に最寄り駅が変わってしまった。 東西線ユーザーとしては、南北線への乗換えが苦痛である。 どうしてあんなに混んでいるの!? 例え一駅でも朝からユウウツになる。(降りてからの人波も・・・。)

続きを読む: 引越し

2005 06 / 20

 娘の通っている保育園は、四季を問わず徹底して外遊びをさせる。

 これからの季節は泥んこ遊びに水遊びだ。 園庭の土は、「海岸」から運ばせる力の入れ様だ。 仕事から帰ると毎日洗濯の山である(泣)

続きを読む: 早期教育?

2005 06 / 06

 中学時代の恩師のセリフが忘れられない。
「人間は、人間と接することでこそ成長できる」

続きを読む: 先はわからず

 先日こんなことがありました。
1日に3人の友人から「会社辞めたいんだけど・・・。」と相談を受けました。 私は相談を受けたら必ず、できるだけ話したいことを話させるようにし、 最後には「簡単にやめるんじゃない!」と力強く説得するようにしています。 なぜなら、自分のよく知る友人であれば、本当にやめたければ相談せずに自分で決めていると信じているからです。

続きを読む: Avanti~アヴァンティ~

2005 05 / 30

 3●歳で第1子を出産した。会社から1年間の育児休業をもらった。 会社員人生13年間で、はじめての長期休暇である♪。 経済的には少々きついが、「育児休業給付金」だってあるじゃないか。 生まれてこのかた失業給付すら受けた事が無い。 一度くらい「国庫金」の恩恵を受けてもバチは当たらないだろう・・・。

続きを読む: 育児休業

カレンダー

<   2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ