2021 02 / 19

某日、出張で苫小牧に行ってきました。

151760660_3671301182961645_166272232627320815_n.jpg

「苫小牧と言えば、製紙工場」・・・って、子供の頃習ったなぁ・・と思い出しました。

この煙突が、街のどこに居ても見える、まさに地元のアイコン的存在ですね。

方向音痴の身にとっては、非常にありがたい!

 

 

あいにくこの日は全道的に”大荒れ”の天候、ニュースにも取り上げられていました。

北海道はこと、冬に関しては悪天候でJRや飛行機が「欠航」「運休」、高速道路は「通行止め」になることが多いので、移動の際には注意しなければなりません。

ギリギリのスケジュールはたいへん危険です!

小生も、前日は函館で仕事だったのですが、大事を取って前夜のうちに苫小牧に移動して大正解でした。

当日だったら、「JR運休」で大ピンチに陥っていたことでしょう。ぞぞぞ~~(震)

 

151700411_3671299852961778_8678828785686757512_n.jpg

 

王子製紙の煙突からたなびく煙は、その日の風向きや強さも伝えてくれるようです。

昼に近づくほどに、吹雪になってきて煙が横になり・・・最後は空と煙が白一色で見分けがつかなくなりました。

 

ちなみにこちらはJR苫小牧駅。

152038545_3671301256294971_1811601157812398018_n.jpg

 

駅にいるのは出張のビジネスパーソンか、通学の学生たちが主流。

地元の人は、かなり高確率で「車移動」が中心だそうです。地方都市は広いからな~。

 

にしても、国道の太さとトラックの多さ、他の地方都市とは違った”力強さ”を感じました。

さすが「工業のまち」苫小牧。

「自動車関係の企業が多く稼働しているので、コロナの影響はありつつも、お金は比較的ある街だと思います(地元民談)」

 

かと思えば、苫小牧エリアは化石の宝庫でもあります。

いきなりパオ~ン!

151530857_3671299756295121_2467257853268100512_n.jpg

 

マンモスが北海道に生息していたなんて、ちょっと想像できないですよね。

しかも1万年以上前の氷河期って・・・・

東日本大震災が10年前、その余震がつい先日来て再びビビったばかりです。

地球は活動している、そして10年、100年のスパンじゃないところで、もっと大きな変動が続いていることは実感できます。

日常生活から少し目を離して、自分の物差しの「目盛り」を変えてみると、大きな発見があるものですね。

 

 

さて、では現実に目盛りをもどしましょう。

苫小牧には、キャリアバンクが受託運営している「若者サポートステーション」があります。

 

151475569_3671301682961595_6940048714879347473_n.jpg

 

王子不動産第二ビル、ううむ・・・やはりこの土地は「王子」グループが強いな~

あ、このビルだ。

 

151685063_3671301439628286_8873390578350666863_n.jpg

 

大きすぎて入口を間違えました。

どうやら商業施設と一体化しているようです。

以前も来たんだけど、同行者にお任せで全然覚えていない自分。

 

こちらがショッピング系の模様↓

 

151256329_3671301759628254_1956935452701615023_n.jpg

 

とまチョップのマスクがかわいい。

151271404_3671301532961610_1258877388526353090_n.jpg

 

 

小生の仕事中、窓の外は大変な暴風雪で恐ろしい轟音が響いていましたが、

帰るころには、煙突の煙も穏やかに流れていました。

 

151794428_3671299996295097_449216701217129789_n.jpg

 

最近のJRって、電源もついているんですか!?(田舎者)初めて見ました~!

めっちゃ行き届いているじゃありませんか。

苫小牧から札幌までの帰り道、短い旅ではありますが快適に過ごせました。

 

151236970_3671300196295077_5382409029877267107_n.jpg

 

と、締めくくりたかったのですが、18時頃に発生した白石駅構内の人身事故による影響で、”札幌行きの全線運行停止”のアナウンスが。

小生の乗った車両は北広島駅で、完全に止まったままとなりました。こんな体験は人生初です。

(ええ~っ!?こ、ここで降ろされるのか???家に帰れるのはいつ?)

 

JR乗務員さんが緊迫した表情で、一車両ずつ状況を説明、お詫びをして回っています。

「私の経験上、ここで降りたとしてもアクセスが悪く、バスの本数も少ないです。おそらく車内でお待ちいただく時間は、1時間半くらいではないかと・・・(汗)」

「ただいまからドアを開けます」

「空気の入れ替えを行います」

 

151570478_3671300136295083_1798708303870631771_n.jpg

 

本当に申し訳なさそうに、一生懸命状況説明をしてくださる乗務員さんたちに、頭が下がりました。

JR北海道は、ただでさえ赤字だったり故障が多かったり、そのうえコロナ対策で、現場の皆さんは日頃からストレスたまるでしょうね。「そんなに恐縮しなくても、こっちは大丈夫ですよ!」と励ましたいくらいでした。

 

乗客はあきらめているのか、慣れているのか、騒ぐ人や不満を口にする人は見受けられません。

ただひたすらに黙って復旧を待っています、整然と。

日本人は本当に静かで和を乱さない民族だなぁと感じます。暇つぶしできるスマホの影響も大きいでしょうね。

 

結局、運行再開まで2時間。

正真正銘、たっぷりと苫小牧の出張を味わいました。

 

 

(広報F)

 

 


カレンダー

<   2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

 

キャリアバンクのサービス

月別アーカイブ