ストレスチェック支援

ストレスチェック義務化対応を支援します

キャリアバンク株式会社は、「ストレスチェック」義務化対応の支援を行っています。

メンタルヘルス対策の充実・強化等を目的として、労働者数50人以上の全ての事業場にストレスチェックの実施を義務付ける「労働安全衛生法の一部を改正する法律」が平成26年6月25日に公布され、平成27年12月1日より施行されました。
労働者のメンタルヘルス不調の未然防止のため、医師、保健師等による検査(ストレスチェック)の実施や労働者が希望した場合、医師による面接の実施が事業者に義務付けられます。

ストレスチェック制度の目的

  • 一次予防を主な目的とする(労働者のメンタルヘルス不調の未然防止)
  • 労働者自身のストレスへの気づきを促す
  • ストレスの原因となる職場環境の改善につなげる

改正の概要

  • 常時使用する労働者に対して、医師、保健師等による心理的な負担の程度を把握するための検査(ストレスチェック)を実施することが事業者の義務となる。(労働者数50名未満の事業場は当分の間努力義務)
  • 検査結果は、検査を実施した医師、看護師等から直接本人に通知され、本人の同意なく事業者に提供することは禁止される。
  • 検査の結果、一定の要件に該当する労働者から申出があった場合、医師による面接指導を実施することが事業者の義務となる。また、申出を理由とする不利益な取扱いは禁止される。
  • 面接指導の結果に基づき、医師の意見を聴き、必要に応じて就業上の措置を講じることが事業者の義務となる

当社では今回の法律改正内容を満たすと同時に、上記目的を実現し、ストレスチェックの導入による効果を実感できるようパッケージサービスの提供を行っています。

弊社のストレスチェックの特長

リーズナブルな料金設定

スピーディーな対応

蓄積されたノウハウ

外国語対応が可能

サービス概要

  • 01

    ストレスチェックの実施(パソコン・質問紙)

  • 02

    ストレスチェック結果の本人へのフィードバック

  • 03

    産業医へのストレスチェック結果データ提供

  • 04

    高ストレス者の抽出

  • 05

    当社の国家資格キャリアコンサルタント・カウンセラーによるカウンセリング

  • 06

    組織診断結果分析と担当者様へのフィードバック

  • 07

    組織診断結果を踏まえた、職場環境改善の提案

サービスの詳細はこちらをご覧ください。

資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

011-251-5113

WEBでのお問い合わせ

WEBお問合せフォーム