2018 07 / 26

ペットの死が与える影響

某日、会社の水槽で飼っていた金魚が死にました。

出会った頃は、小さく可憐な金魚でした。

がしかし、数年の間にみるみる巨大化して、「鯉?」と聞かれるほどに。

最初は3匹、途中で2匹になり・・・・とうとうラスイチです!

社員たちに愛されつつ寿命をまっとうした、幸せなヤツでした。

 

軽いペットロス状態の社員もおりましたが、

まさに”自分のペット”の死で、肩を落としている女子を発見。

先日衝撃のペット情報で一斉を風靡したH嬢、

なんとその愛するカメレオンが死んじゃったらしいんですよ!?

(彼女の悲しみレポートはこちら)

 

***********

我が家で暮らしていたカメレオン『ジュニョン』ですが、
4月頃から目ヤニが溜まりやすくなり、毎日綿棒で目ヤニを取り除いていました。
ですが、目ヤニの量が多くなり、仕事後自宅に帰ると目ヤニで目が開かず、
病院受診をし、毎日目薬を点眼していました。

目が見えにくくなり、エサの捕獲がうまくできなくなっていき、
粉末をお湯で解き、冷蔵庫で冷やし固めたエサに切り替え与えていましたが、
ジュニョンは生きたエサ(コオロギ)が好きで、あまり食べてはくれず、
病院で処方された栄養剤も与えていたのですが、少しずつ衰弱していきました。

7月初めに力尽き、枝の上から落ちてしまい
そのまま天国へと旅立ちました。

我が家に来て1年4ヶ月と平均寿命より短い人生となってしまいました。
以前他のカメレオンも同じように目ヤニに悩まされましたが、回復したため、
今回も回復すると思っていましたが、残念な結果になってしまいました。

ストレスがかかりやすく飼育するのが難しい動物ではありますが、
改めて難しさを実感しました。

とても穏やかな性格で人懐っこいカメレオンでした。
現在ジュニョンのゲージはきれいに清掃し何もなく寂しいです。

一度カメレオンの飼育はお休みするつもりなので
今週にゲージを撤去予定で、ますます寂しくなりそうです。

********

 

ううむ・・・「目やに」が死因とは・・・おそるべし爬虫類の世界。

それにしてもカメレオンの飼育お休みって・・・・

つまり補強せず、自然減ってやつ?

どっかのスポーツチームみたいな感じでしょうか?

H嬢曰く

「とりあえずはトカゲ1匹、犬1匹と暮らしていく予定ですが、
なんだかんだ言いつつ、仲間が増える可能性も否定できません!」

pag.jpg (まだ俺が居るから大丈夫!)

 

ケージと心の隙間を埋める”何か”と、これから出会うのかもしれませんね。

ちなみに残り一匹となった会社の金魚、

「ひとりになって寂しそう」という、社員の心配とは裏腹に、

めちゃめちゃ元気になりました。

kintarooo.jpg (やっぱりひとりは気楽だよ)

この様子を見る限り

新しい金魚の投入は、しばらく見送るべきかと思案中です。

 

(広報F)

カレンダー

<   2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ