2008 10 / 16

モビリティカフェから走ろう(前編)

某日、sapporo55ビル1階のインナーガーデンで
「北海道モビリティカフェ」のイベントが2日間開催されました。
東京大学北海道大学㈱ドーコンによる産学研究グループが主催。
私たちも会場準備のお手伝いをしたので、その様子をレポートします。

Mカフェ準備中.JPG(朝7:30から設営開始、なんとか雨雲は逃れられそう)

(1)自転車に乗ると、いつもと違う新しい発見がある
(2)どこでも借りられて、乗り捨てられる自転車がある
この2つの気になるテーマを学生&企業が掘り下げて、
自転車の新しい価値を体感しようという試みです。

Mカフェ 高級自転車.JPGサイクル小野提供の高級自転車を展示)

実は小生もこのショップで自転車を購入しています。
地元では馴染み深い『町の自転車屋さん』ですね。
「うわ~10万円の自転車かぁ・・」と値札をじっと見てのけぞりました。

Mカフェ100万円.JPG(のわーっ!100万円ですか!?)

今回のイベントの目玉は、バラエティに富んだコースの「実走行」。
・円山エリア・芸術の森エリア・馬追の丘エリアetc・・・
学生達がこのルートを走りながら、
札幌&北海道観光の魅力と問題点をウオッチしていきます。

Mカフェ助走.JPG(さすがに使う自転車は100万円ではなかった。ホッ・・・)

東大の羽藤準教授の開会挨拶でスタートしたモビリティカフェ。
さっきまで、どんよりとした雲間から日がさしてきました。
いよいよ各コース出発です。

Mカフェ 出発.JPG(あ、歩道は走行禁止なので走っていません。ポーズだけお願いしました)

それにしても、この周辺の違法駐輪の多いことと言ったら・・・。
有料駐輪場もありますが、やはりタダで気軽に停めたいのが人情のようです。
歩道をびゅんびゅん走る自転車に、危険を感じることもしばしば。
皆さんも、昨今の自転車事情には一過言あるのではないでしょうか?
様々な思惑を乗せて、自転車は走り出しました。

(広報F)

カレンダー

<   2008年10月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

月別アーカイブ