2018 11 / 29

"わかハロ"潜入レポート(後編)

今週から始まった「ハローワーク体験ツアー」

若い方たちに、もっとハロワの魅力を伝えたいということで企画された、北海道労働局の事業、

キャリアバンクが受託運営しており、参加希望者と「わかハロ」にやってきたのが前編までのお話

 

都心のど真ん中のオフィスビルに、「ハロワ」があること自体、知らない方も多いかもしれません。

DSCF7040.jpg

今回のツアー参加者は40歳未満の方が主なのですが

おひとり21歳の大学生がいらっしゃいました。

実は同じビル内に、「札幌新卒応援ハローワーク」という公共施設もあります。

なにが違うか・・・・・・・こちらをご覧下さい ↓

 

DSCF7043.jpg

現役学生・生徒や、卒業後3年以内の方は9階で対応という、細分化されたシステム。

DSCF7042.jpg(こちら7階わかハロ)

DSCF7048.jpg(こちら9階新卒応援)

個別相談や検索システムは同じなのですが

学生さんや新卒者は、仕事探しが初心者なので、より丁寧にじっくりと説明・相談が行われます。

なのでたっぷり50分近く所要時間をかけるし、「何の仕事が向いてるかわからない」という方向けに”職業興味検査”も無料で実施してくれるとのこと。

ううむ・・・大学の就職課とは、また違った切り口でアプローチしてくれて、心強いなぁ。

DSCF7049.jpg

たまたまかもしれませんが、ほとんど女性の相談員さんなので話しやすそう。

わかハロと同じく明るい雰囲気で、女子学生の姿が多いのも印象的でした。

ツアー参加者の学生さん、ここでじっくり就職相談を受けておられる間、小生はエレベーターホールで待つことに。

 

そこに見覚えのある男性がひとり・・・・

 

DSCF7047.jpg

 

ジョブカフェ北海道のS氏です、ど、どうしたんですか!?

S氏「ちょうど今日、うちで合同企業説明会をやっているので、若者に宣伝しています」

あ、そういえば1階ホールに看板出ていたよね。

 

DSCF7054.jpg

カフェは、キャリアバンクが北海道から受託し運営している無料の”若年就職支援センター”。

実は「わかハロ」と同じ7階フロアにあるんです。

中はこんな雰囲気・・・・

DSCF7052.jpg

ううむ、この3箇所、うまく住み分けできているんだろうかと心配になりましたが

S氏「安心してください。僕たちもわかハロさんも、お互い足りないところを補い合いながら、求職者によりベストなサービスができるよう運営しています。こういうイベントの情報交換も密にしながら、良い関係を築いているんですよ。あ、ちょっと失礼・・・・」

 

新卒ハロワから出てきた男子学生に、さっそく話しかけていました。

不安そうな学生さん、声をかけられて、気のせいか嬉しそう・・・・就活って、初めてだと本当に心細いよね!

 

それにしてもこの三井生命札幌共同ビル、テナントのラインナップがすごいんです。

DSCF7055.jpg

9階 札幌新卒応援ハローワーク

7階 札幌わかものハローワークジョブカフェ北海道(若年者就職支援センター)、マザーズ・キャリアカフェ

6階 ジョブサロン北海道(中高年就職支援センター

5階 ハローワークプラザマザーズハローワーク

公共施設だけでも、ざっとこれだけの就職に関する施設が入居しています。

このビルで就活をしたら、1日では足りないかもしれません。

 

と、感心しまくっているうちに、ツアー参加者は、自分の相談が終わった時点で現地解散。所要時間は1時間弱ほどでしょうか。

次回の予約も済んで、これからは担当相談員と二人三脚で、お仕事探しに取り組んでいけますね。

 

harowasuke.png

 

ポスターに出ている以外にも、参加できる日程はこのようにたくさんあります。

お一人からツアー催行しますので、気兼ねなくお申込みくださいね。

まずは「きっかけ」づくりを、私たちがお手伝いします。

お申込み、お問合せは

キャリアバンクの「北海道ワクワクWORKプロジェクト運営事務局」

電話 011-221-9482

またはこちらのサイトから。

 

(広報F)

 

 

 

 

カレンダー

<   2018年11月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ