2012年3月アーカイブ

2012 03 / 31

キャリアバンクがお送りしている、キャリアアップセミナー通称「キャリ活」。
4月の目玉として新登場した
美姿勢&ベーシックウォーキング」講座。

4月講座のサイトアップと同時にお申し込みが殺到したため、
すでに受付を締切らせていただきました。
たいへん申し訳ありませんが、ご了承ください。
来月以降も同じ内容で、桔更(きさら)先生の講座を開催予定ですので
次のアップをどうぞ楽しみにお待ちください。

桔更さん.jpg(すごい人気・・・美人のパワーに脱帽であります)

佐藤桔更先生は、あのデューク更家氏に長年従事して今年独立。
直伝の美的ウォーキングを道民に伝授すべく、
今後も活動のフィールドをさらに広げていく予定です。

元モデルさんだけあって、
外見のみならず立ち居振る舞いがとても美しい先生。
そこに現れるだけで「場の空気が変わる」「爽やかな風が吹く」
と表現しても、言い過ぎではありません。
美人オーラを浴びて、女子の皆さんも美しく輝いてください♪

ちなみに桔更先生は、この春開催の「朝活(あさかつ)」でも登場します。
4月上旬に、キャリアバンクのHPにもバナー掲載されますので
こちらの情報もどうぞお見逃しなく。

(広報F)


2012 03 / 27

某日、キャリアバンクのセミナールームで開催された
「体感的カンフー・気功と養生」講座。
中国文化といえば、おなじみ札幌大学孔子学院の張学院長に講師をつとめていただきました。

左入口.jpg(孔子学院は、同じ5階フロアにあります)

医学的理論と中国哲学にもとづいた座学が前半、
後半は実際にカンフーのポーズを取ってみます。

カンフー1.jpg(最初の10分は楽勝コース)

張先生曰く、
「やっていると汗がいっぱい出ますので、水を飲んでいいですよ」
とおっしゃいましたが、この時点では全員余裕。
しかし、実技開始後15分くらいから、
あちこちで"うめき声""呼吸の乱れ"が聞こえてきました。
ちょっと生徒たちに疲れが見え始めたので、
先生がお手本を見せてくれました。

張先生.jpg(張先生、説明をしながらカンフーの動作を続けます)

我々は動作だけでも精一杯なのに、息も切らしません。
会場は静かなのに、ピンと空気が張りつめています。
これがまさに「気」なんですね!

張先生2.jpg(実に凛としてカッコいい。ちょっと殺気...)

カンフー・気功は、その修練を通じて
身体の免疫力や自然治癒力を強化したり、
ストレス解消、血行改善、自律神経調整などの効用もあるそうです。

張先生3.jpg(しかも速くて、カメラが追いつきません!)

「中国の朝の公園はお年寄りの天国です。
 皆こうしてカンフーしているから、病気知らずで健康。」
ううむ...予防医学かぁ...。元気な中国の底力を感じます。
先生の額にも、うっすらと汗がにじんでいます。

張先生4.jpg(この中腰のポーズが素人にはツライ...)

カンフーには二人で行うパターンもあるそうです。

二人で.jpg(実に美しい、精神の交流みたいなものを感じます)

しばし見とれる受講生たちに
「さあ!それでは次やってみましょう!」と先生。
次第に教室は熱を帯びてきました。

M田カンフー.jpg(笑顔を絶やさず、必死についてゆくM田氏)

M田カンフー2.jpg(「ズ、ズボン破けそう・・・」)

張先生、大サービスの講座の熱気、伝わりましたでしょうか?
たった30分程度でこんなにヘトヘト...
カンフー・気功を真剣に続けたら、本当に健康になると思いました。
実際に体験したいというあなたは、こちらをご覧ください。

(広報F)


キャリアバンクはコンサドーレ札幌を応援しています。
明日3月24日(土)は、札幌ドームで宿敵浦和レッズとの対戦。
ぜひたくさんの皆さんに観戦していただきたいです。

ちなみに当日会場で配布されるマッチデイプログラム。
その中にある「スペシャルプレゼント」コーナーに
キャリアバンクもトートバッグをプレゼント商品に出しました。
開幕戦&レッズ戦、各10名様ということで。

トート.jpg(あわてて撮った超ラフな画像をHFCに提出)

この画像、トリミングはされるものの、
開幕戦ではそのまま大型モニターに映っていました。

撮影したり荷造りしている最中
「これ、万が一自分に当たったらどうしよう...」
とつまらない心配をしておりましたが、開幕戦では杞憂に終わりました。

ちなみにこのバッグ、結構生地がしっかりしているんですよ。
サイズもあまり見かけない、ちょうど良い小型ですので
きっと当たった方には喜んでいただけるのではないかと自負しています。
アナタの幸運と、コンサドーレの健闘を祈ります。

(広報F)


2012 03 / 19

先週のホワイトデー、いかがお過ごしでしたか?
ちなみに2月のバレンタインデーで見かけた風景。

てづくりチョコ.jpg(はじめて手作りチョコに挑戦中のO畑女史&N村嬢)

とはいえ、これは翌日に控えたバレンタインデーの試食販売用。

湯せん.jpg(湯せんで生チョコらしく艶が出てきました)

市販のチョコを買うか、見た目より愛情の手作りチョコに挑むか。
バレンタイン商戦は毎年華やかです。
考えてみれば、こういった行事に伴うマネキン商戦
昨年末あたりからず~っと何か続いている気がします。

12月...クリスマスケーキ
 ↓
1月...正月商品(鏡餅)
 ↓
2月...節分・恵方巻き・バレンタインチョコ
 ↓
3月...ホワイトデー

...そして卒業、入学、こどもの日、母の日、父の日と続いていくわけですね。
我々のスタッフも、行事にマッチした催事でいつも奮闘中なのであります。

話はもどって、先週のホワイトデーも社内でちょっとした動きがありました。
なぜか段ボールを持って歩き回るY下嬢。
「U田さんから"日頃の感謝をこめて皆さんで"といただいたので」

段ボール.jpg(それにしても大量=大漁です)

桜餅.jpg(なぜか身に覚えのない小生にもおすそ分けが♪)

「人気で行列のできるお店らしくて
 朝5時から並んで買ったみたいです」とキャリア番長。

こっ...これは先日発売のOtonで掲載の名店では!

そして番長には毎年恒例の、男子チームからのプレゼントが。
M崎氏「毎年"のし"の文句を何にするか熟考します。
店員さんに頼むとき、照れずに真顔で言うのがポイントです」

年貢ミニ.jpg(そして献上された品物がこちら)

年貢ビッグ.jpg(う~ん、今年はちょっと不作という感じですね)

日頃の感謝の気持ちを、思い思いのカタチで表現したようです。
的確に伝わっていることを祈ります。


(広報F)


某日開催された、柏中学でのゆめ授業。
"ゆめ先生"に指名された佐藤が考えていたことは
「今の中学生には、どんな言葉が心に響くのだろう」
ということ。

ステージ台.jpg(社会人は得意なのですが、十代は勝手が違いますし)

母校だからこそ、プレッシャーもかかります。

システムI.jpg(別な意味でプレッシャーがかかったシステムI)

スライドのスタンバイに余念がありません。
読売新聞さん、学校スタッフ、弊社事務局総出で
このイベントの準備をすすめたおかげで
無事定刻に講演はスタートしました。

それにしても、学校の統率力はすごいですね。
先生の言うことをビシッと聞く素直さ、純粋さに
己の学生時代を振り返りました(が、まったく思い出せず...)。

後ろから整然と.jpg(見てくださいこの整然とした並び)

さて、校長先生や主催の読売新聞社のごあいさつの後
佐藤の講演がはじまりました。

自分の幼少時代の話からはじまり、
自営業の家「佐藤商店」で商売を身近に育った環境や
サラリーマンの家庭とは違い、両親が夜遅くまでもくもくと働く姿をみて、将来を真剣に考えなければいけない、との自立心の芽生えになったこと
それがなければ自分でビジネスを始めることはしなかっただろう...等々。

「人間はいろんな環境におかれて、それを糧に成長する」
キャリアプランはそうして形成されていくと
自分の体験を交えて語りました。

前から.jpg(約180名の3年生を前に、熱弁をふるいます)

「好きな仕事をみつけるのではなく、
 どんな仕事でも、その仕事を好きになることが職業能力です」

中学校代表アップ.jpg(子供たちを前に、心なしか表情が穏やかな社長)

講演が終了し、生徒代表の女子からお礼の言葉が述べられました。
これがまた、要点をきっちりまとめた実にすばらしいものでした。
(もちろんカンペなし!若い脳って素晴らしい!)

花束ありがとう.jpg(花束の贈呈まで、柏中学の皆様ありがとうございます)

この日集まった3年生の心に、佐藤の言葉が届いていることを祈ります。
彼らの羽ばたきの時はもうすぐ。
一人一人がワクワク楽しめる人生を歩んでほしいですね。

翌日13日の読売新聞とWEBに、この日の様子が掲載されましたのでご覧ください。

(広報F)


先日3月2日に59歳の誕生日を迎えた佐藤社長。

誕生日の胡蝶蘭.jpg(関係各所からお祝いの花をいただきました、ありがとうございます)

道内ベンチャー企業の若手経営者として走り続けてきましたが
その忙しさは創業当時とまったく変わりません。
仕事が楽しくて仕方がないというエネルギーが、社員にもビシビシ伝わってきます。

MTG.jpg(早朝の社内ミーティングも精力的にこなします)

そんな佐藤にも、経営者を夢見る前の幼少時代があったはず。
そう振りかえらせるイベントが、読売新聞社の企画で実現しました。
道内企業トップが中学校におもむいて、
子供たちにメッセージを伝える「読売ゆめ授業」。
佐藤がシリーズの中で「ゆめ先生」の一人に選ばれたのです。

柏中学.jpg(講演するのは、なんと社長の母校でもある柏中学校)

玄関に到着した我々を、こんな貼り紙が迎えてくれました。

道徳の時間.jpg(ゆめ授業=道徳だったんですね!?これは責任重大です)

対象は、今週卒業式を控えた3年生たち。
(講演の直前は、卒業式のリハーサルが行われていました)

中学校生活の終わりを前に、それぞれの進路に向けて
生徒たちの心は揺れ動いていることでしょう。

キャリアバンクらしいテーマとして選ばれたタイトルは、
「キャリアプランとライフプラン」。
未来ある若者に、佐藤はどんなメッセージを送ったのでしょう・・・

中学生を前に.jpg(後編をお楽しみに!)


(広報F)


某日、キャリアステーション周辺を物色する集団を発見。
しかもみんな、スカーフなんぞ巻いて
いつになく(?)気合の入ったファッション。

「来週発売の求人誌に載せる写真を撮るんですけど
どこか"携帯ショップっぽい"雰囲気の場所がないかと思って・・・」

ケータイショップ.jpg(たとえばこんな?)

試しに総合受付カウンターで一枚撮影。

受付ケータイ販売.jpg(こんな感じ?でも何かが違う...)

このビルでショップといえば、唯一紀伊國屋さんくらいだし...。

アングルどうする.jpg(試行錯誤の末、エントランスホールで撮影することを思いつき)

「わー!赤がすごくいい!」
「ホント、いい感じで撮れる!」
と、思わぬ演出効果に盛り上がる撮影クルー。

激写K.jpg(「Kさん、構える足がいいよ足が!」)

にわかカメラマンK嬢は、携帯ショップで働くことになる新人スタッフ達に
機種の操作説明や販売方法のレクチャーをしています。

K村嬢レクチャー中.jpg(研修風景。話題の最新機種も、日常使いになります)

あーだこーだと賑やかに撮影は続き、
次第に"それっぽい"画像が撮れるようになってきました。

モデルY.jpg(うん、バッチリいい感じ♪)

ナイスA.jpg(お笑いか?A沼嬢)

彼女も入社してもうすぐ1年。
入った時から大物ぶりを発揮してたけど、ますます磨きがかかったようです。
苦労の撮影会の結果、どうやらサイコーの一枚が撮れたようです。
来週の「携帯電話販売・PRスタッフ」募集広告に、ぜひご注目ください。
明るく元気な女子、ぜひ私たちと一緒に働きませんか?

(広報F)


昨年から巷で見聞きする「てとてとマート」。
インパクトのあるネーミング、気になりますよね。

会場風景.jpg(ただいま1階インナーガーデンで開催中)

このイベント、当ビル4階にサテライトを持つ
北海道教育大学 岩見沢校美術コースの学生たちによる、
東日本大震災チャリティアートマーケット。
売上は全額、みちのく会に寄付されるそうです。

シュシュ.jpg(女子好みの春らしい手作りシュシュ)

シルバー.jpg(シルバーアクセサリーも販売中)

ストラップ.jpg(ほっこり感のある雑貨小物がいっぱい)

似顔絵.jpg(「にがおえかき」コーナーも人気です)

書.jpg(インスピレーションでその人を「書で表現」)

銅版画.jpg(見事な銅版画、芸術だなぁ・・・)

4階のサテライトでも「卒業・修了制作展」同時開催中だそうです。
学生の日頃の研究成果がこうして立体的に披露される、素晴らしい企画ですね。
大学も学外にどんどん飛び出していく時代なんだと実感します。

猫軍団.jpg(一番目立つ場所に飾られていた猫軍団)

作者の学生さん曰く
「てとてとマート開催以来、この猫は100匹くらい売れていったと思います」
いわゆる一つの定番&人気商品なんですね。

買い物.jpg(猫選びに迷うS藤嬢...楽しそうです)

猫とシマフクロウ.jpg(小生も、猫を一匹連れて帰りました)

1階でのイベント開催は今日の19時で終了。
みなさまどうぞお急ぎください!

山崎さん.jpg(代表の山崎さん、取材協力ありがとうございます)

山崎嬢が、なぜか小生にプレゼントしてくれた似顔絵は「けんさん」。

けんさん.jpg(イメージトレーニングに励みますとも)

今の若者はあーだこーだと言われますが
問題意識を持ちながら、こうして継続・行動する学生たちも大勢います。
これからの日本は彼らがしっかり支えてくれることでしょう。

それにしても「ものづくり」ができる才能は、何よりも強いですな!

(広報F)


カレンダー

<   2012年3月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

月別アーカイブ