2010 05 / 22

紀伊國屋書店 今月のオススメ本

すっかり遅くなりましたが、既に1階の紀伊國屋書店さんから、
5月のおススメ本をご紹介いただいておりました。
きっちりと締め切りを守り続けるお姿に、担当者の律儀な性格が忍ばれます。
(それに比べて小生は・・・・)

さて今月の一冊は、エッセイなどでおなじみの群ようこさんの一作。

それなりにBOOK.JPG(筑摩書房から1,470円(税込)にて好評発売中)

タイトルはズバリ、「それなりに生きている
群さんらしい、味のある表現です。

それなりに生きている.JPG(おススメしてくれたO高さんは、控えめな笑顔が印象的な店員さん)

「 普段読むのはほとんど推理小説ですが、
 ときどき軽く読みたくなる本は女流エッセイです。
 特に阿川佐和子さんと群ようこさんが大好き♪」
               
実は新書の担当です.JPG(ご自身が担当する新書コーナーは「あまり読みません」とのこと・・)

「 今回選んだ本は、面白い・笑える・癒される、
 アタマとこころを緩ませたいときに
 是非読んでいただきたい、動物(イヌ、ネコ、カメ)ネタ満載の一冊です。

  本書の中に数回登場する「おしゃべり」(群さんが勝手に付けた)と言う名前のネコは、
 その名のとおり道行く人を見つけては、
 マシンガントークでしゃべり(鳴き)続けるという珍しい雄ネコで、
 是非会ってみたいと思わせられます。」

新書・池上先生.JPG(新書のなかでも特に売れ筋は、やっぱりあの池上彰先生)

「 読書中に思わず笑い出しそうになる危険があるので、
 外で独りのときや、地下鉄車内で読むときには、特に注意が必要です。」

ちょっとリスキーな和み系BOOKのようです。
仕事や人間関係に疲れた時、癒してくれるのはやっぱりイキモノなんですね。

ところで今回の取材中、書店内で見つけた意外なモノをご紹介。
1階レジ横にEdyのチャージ機がありました。
結構便利じゃないですか?

edy.JPG(もちろんEdyで書店の本も買えます)

さらに佐伯チズ先生のスペシャルキットのコーナーも。
なぜ書店に・・・?と、思ったら集英社から発売なんですね。

チズ先生のコットン.JPG(4,200円と、なかなかの値段ですが売れていました)

もはや本屋さんが売るのは、本だけじゃないんですね。
そこには厳しい競争原理が働いていました。
それなりに生きているだけじゃ、いけませんか?

(広報F)

カレンダー

<   2010年5月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 

月別アーカイブ