2008 07 / 14

帯広の求人誌といえば「プラスワン」

登録者のためのフリースペース、キャリアステーションには、
いつも最新の求人情報誌をご用意しております。
その中に、帯広の求人誌があるのをご存知ですか?
地元の方ならお馴染みの「十勝プラスワン」です。

帯広出身K嬢.JPG(帯広出身のK嬢に聞きました)

「私の時代はプラスワンか勝毎(かちまい=十勝毎日新聞)しかなかったんですよ~」
まさに地元では”元祖”の存在感を漂わせています。
今回は、そんな「プラスワン」のオフィスの画像をご覧いただきます。
撮影は編集スタッフの斉藤さんにお願いいたしました。

帯広プラスワン現場.JPG(初公開のオフィス内、エアコン完備でも十勝は暑そう)

寒暖の差が激しいので、GW中は夜氷点下、昼は真夏日だったことも。
そんな帯広で、創刊28年目を迎える老舗求人誌プラスワン。
オフィスは住宅街の中にある一戸建て、さすが車社会帯広。

帯広プラスワン事務所.JPG(2階ではなぜか韓国語教室も開催中)

毎週10,000部発行、一冊80円のお値打ち価格。
最近多い派遣の求人は、「人参の収穫スタッフ」・・・本当なんでしょうか?
外に出ればほら、こんなにのどかな風景が広がっています。

帯広の草原.JPG(元気な虫の声が聞こえてきそう)

帯広南商業高校の跡地が、こんな緑豊かな空き地になっています。

帯広のフキ.JPG(のわっ!いきなりフキですか)

帯広の最近の求人傾向をうかがいました。
「採用側は、安い人件費で能力の高いヒトが欲しい
求職側は、少しでも条件の良い会社に行きたい、って感じです」
・・・・ううむ、このテーマに地域差はないようです。
締め切りでお忙しい日にも関わらず
快く対応してくださったプラスワンの皆様、ありがとうございます!

(広報F)

カレンダー

<   2008年7月   >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 

月別アーカイブ