2011 03 / 16

被災者のみなさまへ

このたびの東日本大震災で被災されたすべての方に、心よりお見舞いを申し上げます。

暦の上では春が近づいているものの
北国はまだまだ雪もちらつきます、寒さも厳しいのです。
避難所での生活が、どれだけ心身に堪えることでしょう。

この札幌で、私たちができることは?
節電、募金、献血?色々な形があるでしょうが
今日、街で目にしたのはこんなイベントでした。

震災ポスター.JPG(ギターとバイオリンのデュオによる災害チャリティコンサート)

このお二人、宮城県ご出身だそうです。
地震当日は、たまたま札幌へコンサートのため来道しており、難を逃れたそうです。
ただ地元の惨状は・・・彼らの心中、いかばかりかとお察しします。
でも「自分たちにできることは」と考え、
チャリティコンサートを、札幌のあちこちで開催する行動に出たそうです。

震災チャリティコンサート.JPG(美しいメロディが、震災の傷を癒すかのようです)

急ごしらえのイベントにも関わらず、
会場となったアスティ45地下広場には、たくさんの市民が集まっていました。
コンサート時間は、昼休みの12時からスタートして20分公演を3回。
公演の合い間には、演奏者はマスコミの取材も受けておられました。

震災チャリティアスティ45.JPG(オフィス街なので、このスペースでの開催は非常に効果的だと思いました)

今回、このイベントに協力されたカメラのカネミチさんは
弊社とも、サービスチケットの提供などで以前からお付き合いがあります。
本業のみならず、このような社会貢献活動にも積極的に取り組まれる姿勢に敬服いたします。

震災募金.JPG(こころばかりの義援金を、寄付させていただきました)

カネミチ.JPG(ちなみにカネミチさんもアスティ地下に店舗をお持ちです)

地下フロアで見かけた看板・・・
そう、このビルには日本赤十字社の献血コーナーもあるんでした。

震災献血.JPG(どの血液型が不足か一目瞭然です)

一刻も早い被災地の復興をお祈り申し上げます。

(広報F)

カレンダー

<   2011年3月   >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 

月別アーカイブ