2008 08 / 28

「お母さん」のための勉強会(番外編1)

昨日のつづきです。
託児室完備のセミナー、ママたちは集中して聴いています。
「お母さん達が、こうして子どもと離れる時間も大切なんですよ」
と、スタッフの方がおっしゃっていました。

お母さん・託児室看板.JPG(日々の喧騒を忘れる、一人の時間は貴重です)

託児室には、おもちゃや絵本のほかに、
一人ずつ小分けにした、おやつも用意されていました。
しかも成分表つき・・・小生の時代はこんなの無かったぞ!?
育児も時代とともに変化しているのですね。

お母さん・お菓子.JPG(アレルギーとか、いろいろありますから)

楽しみなおやつタイムは、みんな仲良く集まって食べています。

お母さん・お菓子タイム.JPG(この風景は昨今変わりません)

最初のうちこそ落ち着いた雰囲気の託児室も、
このあたりから賑やかさがパワーアップしてきました。
泣き出す子、走り回る子と、個性が出始めます。
どうやらぐずっているこの子は、オムツが汚れているようです。

お母さん・オムツ交換.JPG(さすがプロ、あやしながら手早いおむつ交換のワザ)

きれいなオムツになったら
さっきまでの涙が嘘のように、ケロッとして遊び始めました。

お母さん・オムツ交換後.JPG(あの涙は一体・・・)

泣きわめいても右往左往せず、どーんと構えるスタッフの方たち。
経験の豊富さが、見ている側にも子どもにも安心感を与えます。

小生「自分の子どもだったら、どんなにカワイイでしょうね」
スタッフ「いえいえ、自分の子だったら、こんなに優しくしません(笑)」
なるほど!

(広報F)

カレンダー

<   2008年8月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 

月別アーカイブ