2016 05 / 17

吹き抜けから伝わること

P1400414.jpg

母の日が終わったかと思えば、次は父の日。
みなさんのご家庭では、このイベントをどのように過ごしているのでしょう。
「実はうち、昔から何もしないんです」
という人も結構おられます。
それぞれの流儀があって良いのではないでしょうか。
親への感謝の伝え方は、タイミングも方法も違って当然だと思います。

さて、このsapporo55ビルは、3階から5階のエレベーターホール部分が吹き抜けになっています。
キャリアバンクはシャッターを閉めない限り、吹き抜けの音や空気がそのまま入ってきますので
いわゆる「筒抜け」ってやつですね。

テナントの内訳
3階 TAC(資格の学校)、ブレインズジム(学習塾)、小樽商科大学サテライト、紀伊國屋書店オフィス
4階 ヤマハ音楽教室、札幌教育大学サテライト、3.14スクール(学習塾)
5階 キャリアバンク、札幌大学孔子学院

という感じなので、吹き抜けからは実にバラエティに富んだ音が聞こえてきます。
若者たちの元気な声が聞こえる時もあれば
オジサマ、オバサマ方の談笑もあり。
時おり上手な口笛も聞こえてきたり(響くので音色が良い)
携帯電話の長話が、ぜんぶ聞こえる時もあります。
夕方の時間帯は、音楽教室の子どもたちの嬌声がこだまし、さながら動物園状態。
でも慣れなのかさほど気になりません、むしろ時計代わりです。

ただ、一つだけ緊張する声があります。
それは、お母さんが子供を叱っている声です。

「何回言ったらわかるの!?」

「どうしてそういことするの!?」

「だから言ったでしょう!?」

数十年前に自分も言われたセリフですが、
いまだにドキッとして周りの社員と縮み上がります。
成人してもハラハラするんですから、小さな子供なら、そりゃあビビりますよ。

やがて「うわ~~ん(涙)!!」
という鳴き声が聞こえてくると、経過が気になって仕方がありません。
"最近の親は叱らない"とも言われますが、まだまだ厳しいしつけをする親御さんも健在です。
やがて静かになったところで、そ~っと吹き抜けを見下ろしてみると・・・
お母さんが、子供をぎゅ~っと抱きしめていました。
すくすくと育ってほしいなぁ・・・。

吹き抜けから、今日もさまざまなドラマが生まれています。

(広報F)

カレンダー

<   2016年5月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 

月別アーカイブ