2018 03 / 23

褒め上手

こんにちは!

正社員紹介を担当するキャッスルKです(@_@)

 

人材紹介事業のメンバーが勢揃いしました。

某日、WEBページ等で使用する素材として、社内で撮影を開始。

その撮影風景を公開します。

 

IMGP1476.JPG

 

 

 

 「みなさんをサポートしますっ!」のイメージ…

 

 

 

 

 

カメラマンをしてくれたのは、期待の新人WEBデザイナーのS嬢。

みんな どうして良いか分からずウロウロ・・・緊張の面持ちです。

 

03231.jpg

 

 

 

 

 

端っこに固まる男性陣。

 

 

 

 

 

 そわそわしながら撮影が始まりましたが、なんとS嬢が思わぬ才能を発揮!

とにかく褒め上手なS嬢でした。

慣れないモデル達を上手にコントロールし、心地よい撮影現場にしてくれました。

敏腕カメラマンの誕生です!

おかげで自然な笑顔の写真も撮ることが出来ました。

 

S.jpg

 

 

 

まんまとノせられ、いい笑顔になる女性陣。

 

 

 

 

ふと、写真スタジオでプロのカメラマンに撮ってもらった時を思い出しました。

チャラ男(死語?w)ノリで「いいね~、かわうぃ~ねぇ~」と言い続けられていました。

逆に恥ずかしくなり、笑顔も引きつってきましたが・・・。

 

カメラマンという職業は、これくらいじゃないと務まらないのかもしれないですね。

お客様やモデルさんの、より素敵な表情を撮るために気分を盛り上げる。

そのために褒めまくる!(笑

 

褒め言葉のボキャブラリーの多さと、些細なことにも気が付いて

良い所を見つけられることは、とても素敵だと思いました。

 

しかし、私自身含め日本人は褒めることが苦手なタイプ。

褒め上手のコツをGoogle先生に尋ねてみました。

色々ありましたが、簡単で分かりやすかったのがコチラ。

 

・褒め言葉をいくつか用意する

 (「さすがですね!」「良い笑顔ですね!」など)

・相手から見えない部分を褒める

 (「かわいい服だね」よりも「かわいい声だね」)

そして、何よりも「実践あるのみ」だそうです。

 

褒めることで人間関係が良好になることもあり

職場での人間関係や部下のマネジメント等にも役立ちそうです。

 

褒め上手なS嬢を見習い、一日一善ならぬ一日一褒を意識していきます。

 

さて、本番のWEBページにはどのような写真が採用されるか

どんなページになるかはお楽しみです。

 

IMGP1450.JPG

 

 

 

ピシッ。

 

 

 

 

 

(正社員紹介担当キャッスルK)

 

カレンダー

<   2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ