2006年3月アーカイブ

2006 03 / 28

最近、近所に小さな古本屋が出来たのでずっと気になっていたのだが、先日初めて店に入ってみた。 店舗の作りはいたって平凡だけれど、予想以上に自分好みのラインナップで、すっかりその店が気に入ってしまった。book.gif
古本ではありませんが・・・。
なんといっても「えっ!?なんでこれが中古で出ちゃうわけ?」と驚くような本がゴロゴロ並んでいるのだから、さして本好きでもない自分も舞い上がってしまう。 短い時間で2冊のハードカバーを選び、店主らしき中年男性の待つレジへと向かう。 こういう瞬間、一般の書店よりも古本屋はなぜか緊張する。新しい本と、古い本を買うのは、値段や本の状態以外に、「何か」が作用している気がするのだ。
続きを読む: 「まちの古本屋」

カレンダー

<   2006年3月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

月別アーカイブ