話の中で時間軸を意識して聴いてみると

「カコ」「イマ」「ミライ」の違いを感じます。

 

時間軸の意識が揃わないと

話が噛み合わないんですね。

 

視点が短期と長期の良し悪しはありますが

この時間軸が状況によっては鍵になります。

 

短期視点の大前提には

世の中があまり変化しないこと

 

長期視点の大前提には

世の中の変化の可能性があること

 

それぞれを意識しているかが

論点になっていきます。

 

世の中の変化のスピードを考えると

長期視点の感性が大切です。

 

短期視点で困ったときには

「世の中が変わらない前提ですか?」

 

そう聞いてみましょう。

 

短期の成果やKPIで

長期の展望を図ることは出来ませんね。

 

===============================

北海道への転職なら キャリアバンク

お気軽にご相談ください!

〈人材紹介事業部〉

MAIL:syoukai@career-bank.co.jp

TEL:011-251-5008

=============================== 


今の自分や事業を良くしていきたいなら

成長や改善、進化は必要です。

 

言葉の定義として

改善と進化は似て非なるものです。

 

改善とは現在のルールの中で

より最適化を目指すこと。

 

進化とは現在のルールの外で

新しいルールに適応すること。

 

私はそのように考えています。

進化の方が明らかに難しいですね。

 

会社が行う際には「イノベーション」

と呼ばれることもある様です。

 

普段身の回りに起きることのほとんどが

「改善」にあたります。

 

「イノベーション」はほとんど起きていません。

 

進化論から紐解いていくと

「新しい環境に適応すること」

 

それこそが生き残る道なのでしょう。

 

強いものが生き残るのではなく

生き残ったものが強い。

 

そんな精神で今日も頑張りましょうか。

 

===============================

北海道への転職なら キャリアバンク

お気軽にご相談ください!

〈人材紹介事業部〉

MAIL:syoukai@career-bank.co.jp

TEL:011-251-5008

=============================== 


「天才とは論理の向こう側にいる」

 

ここ最近のできごとから

その様に思うことがあります。

 

人と話をしていて

お互いの意見が食い違う。

 

どちらかが間違っていればいい。

でもどちらも正しそうだ。

 

相反する主張なので

どちらかを選べばどちらかを否定する。

 

そんな時に相反する主張を

適切にまとめる力があれば

 

その人は天才だと思うのです。

 

相反する力を統一できること。

 

古くは秦の始皇帝やチンギスハン。

そんな彼らも天才だったのでしょうか。

 

相反する力をまとめるためには

一般人の論理ではなく何か特別な

 

特別な力が必要なのではないかと

思いました。

 

さて、今日も頑張りましょうか。

独り言でした。

 

===============================

北海道への転職なら キャリアバンク

お気軽にご相談ください!

〈人材紹介事業部〉

MAIL:syoukai@career-bank.co.jp

TEL:011-251-5008

=============================== 


「説明は詳細であればあるほどいい」

 

そんなイメージが我々の中には

あるのでははいでしょうか?

 

一つの事象に対して

様々な視点で語ることができる。

 

その方が相手にとって伝わりやすい

そう思っていました。

 

(今でもかもしれませんが・・・。)

 

一方で物事の本質を捉えていれば

余計な説明は要りません。

 

答えは信じられないほど

シンプルに仕上がっていきます。

 

人はそのシンプルさに

「極論だ」と言います。

 

まぁその通りですね。

本質なのですから「極」になります。

 

思惟的な部分を取り除いたシンプルな言葉。

何よりも説得力があります。

 

シンプルな境地に

早く辿り着きたいものです。

 

===============================

北海道への転職なら キャリアバンク

お気軽にご相談ください!

〈人材紹介事業部〉

MAIL:syoukai@career-bank.co.jp

TEL:011-251-5008

=============================== 


カレンダー

<   2019年2月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

月別アーカイブ