管理職に必要なスキル

管理職にはあらゆる場面で「リーダーシップ」が求められます。
そのため自分らしい「リーダー(導く人)」の役割を果たすことが重要です。

1.リーダーの在り方:機能

リーダーには2つの『在り方:機能』があり、その2つを理解し活用して組織をマネジメントしていく必要があります。
この2つの『在り方:機能』は相反するように見えますが、どちらも重要であり同時に遂行していかなければなりません。

(1)目標達成機能

集団が掲げる目的の達成、またはそれに関連する課題を解決する機能。
リーダーは目標達成に向けて計画を立案し、立案した計画を実行するために指示を出します。指示には規則遵守の徹底、期限設定が含まれます。

(2)集団維持機能

集団を維持する機能。
リーダーはメンバー間の葛藤や緊張を緩和し、自主性を促します。 その際にはメンバー個々の尊厳を重んじ、メンバー間の相互依存関係を促進します。

2.リーダーが持つパワーの源泉

パワーとは人や組織の行動に影響をあたえる要因のことです。リーダーは5種類のパワーを保有しています。 そのパワーは『ポジションパワー』と『パーソナルパワー』の2通りに分かれます。

『ポジションパワー』とは組織から与えられる権限のことで、ポジション(地位)が変わった瞬間に失われます。

『パーソナルパワー』とはポジション(地位)に関わらず発揮可能な力のことで、自分自身の努力によって磨くことが可能です。

現在、時代の変化により『ポジションパワー』の影響力は低下し、『パーソナルパワー』の影響力が増しています。
そのためリーダーは『パーソナルパワー』を磨くことが求められています。

(1)ポジションパワー【強制力】

目標が未達の場合、減給や降格などの懲罰を与える権限。
部下は上司に逆らうと痛い目に合うことを認識しているため従う。

(2)ポジションパワー【報酬力】:目標を達成すれば、昇給や昇格などの褒美を与える権限。

部下は上司に従順であるほうが得をすることを認識しているために従う。

(3)ポジションパワー【正当権力】:組織上与えられた権限。

部下は組織のルールに則って上司という立場の人に従う。

(4)パーソナルパワー【専門力】:業務経験や専門性を有することによって生まれる力。

部下は専門的な力量を認めている人に従う。

(5)パーソナルパワー【同一視力】:個人的な特性を備えることが生まれる力。

部下は人間的魅力に惹かれている人に従う。

リーダーが保有するパワーを上手に活用して、現場を正しく導き、業績向上を目指しましょう。
新任管理職、古株の管理職、すべての「リーダー」の役割を担う方にに受講いただきたい研修です。

「管理職に登用された社員に適切な研修を受講させたい」
「管理職として必要な知識を身に着けて欲しい」
「管理職経験が長い社員に基礎に立ち返って欲しい」

そのように考えるご担当者様、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・お見積り(無料)のご依頼

まずはWEBまたはお電話にてお気軽にご相談ください。

WEBでのお問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

011-251-3353

月~金(祝日、年末年始を除く)9:00~18:00

管理職に必要なスキルに関係する研修項目
その他の管理職に必要なスキルに関係する研修項目
  • SDGsの概要
  • モチベーション向上
  • ほめ方・叱り方
  • 教え方・指示の出し方
  • 効果的なOJTの進め方
  • コーチングによる人材育成法
  • コーチング・質問
  • コーチング・傾聴
  • コーチング・承認
  • レセプター(受容器)の見極め
  • フィードバックの流れ
  • リーダーシップの基礎
  • マネジメントの基礎
  • 1on1面談の進め方
  • インバスケット問題演習
公開講座スケジュール
  • 2021.08.04開催オンライン:ほめ方・叱り方
  • 2021.08.25開催対面:電話応対
  • 2021.09.03開催対面:新入社員フォローアップ
  • 2021.09.09開催オンライン:新入社員フォローアップ
  • 2021.09.10開催対面:新入社員フォローアップ
  • 2021.09.17開催対面:【佐賀】新入社員フォローアップ
  • 2021.10.04開催
    対面:クレーム対応(基礎編)
  • 2021.10.20開催
    オンライン:電話応対
  • 2021.11.17開催
    対面:人間関係力向上
  • 2021.11.18開催
    オンライン:クレーム対応(基礎編)