ソリューションSolution

企業・団体様向け(目的別)

ビジネスマナー

報連相・メールマナー等の一般常識を習得

好感をもたれる社会人になるためのマナー

ビジネスマナーに関して、このような不安を感じたことはございませんか?

「私たちの時代はこれくらいのことは一般常識として身についていて当然だったのに
 今の若者は違うようだ・・・」
「どこまでできていて、どこからわからないのか、それがわからない・・・」
「新人教育をしている先輩社員からして、どうもマナーがなってないような気がする」
「取引先やお客様から社員の態度について苦言をいただいた・・・」
「経験のある人材だからと採用したが、マナーについてはオレ流のようだ」
「先日c.c.で入ったメールの文章がひどい。これでは取引先を怒らせてしまうかも・・・」

経済環境が目まぐるしく変わる中
『個性第一』『個人主義』で育てられてきた若手人材や
雇用の流動化から組織への帰属意識が薄くなってきている中堅層に対しては
まず社会人として、企業の一員として働くとはどういうことなのかを
しっかりと意識づけすることが大切です。

そのうえで、「会社を代表する社員」だからこそ
気を付けていただきたい、ビジネスマナースタンダード
『あいさつ』『名刺交換』『言葉づかい』
『好感のもたれる話し方』『電話応対』を学んでいただきます。
「何のために学ぶのか」をしっかりお伝えすることが
研修の効果を最大に引き出すと考えております。

巷にビジネスマナーに関する書籍は多々ありますが
「知っている」ことと「できる」こととは違います。
実践し、チェックし、体感していただくことで、ビジネスマナーは身に付きます。
ぜひ、研修の受講をお勧めいたします。

また、『時々見直す』ということも
マナーを完全に自分のものにしていただくためには必要です。
なぜなら、つい「我流」になってきてしまうからです。

弊社ではフォローアップ研修をご用意しておりますので
マナーを見直し、次のステップへと進んでいただくことができます。
また、ビジネスマンの基本である『報連相』や『メールマナー』などに
特化したカリキュラムもご用意いたしました。

ビジネスマナーをしっかりと身につけさせたいとお考えでしたら、キャリアバンクにお任せください。

JU196_72A.jpg

関連ソリューション

<電話マナー研修>演習による実践的な電話応対法
<訪問マナー研修>好印象を持たれる訪問マナーを習得
<ホスピタリティ研修>CSとESを理解しおもてなしの心を醸成

資料請求・お問い合わせ

ページのトップへ