ハロウィンの由来とは?なぜかぼちゃ?ジャックオーランタンって?

更新日/2020.10.27

小ネタ.pngのサムネイル画像

 

日本でも、「ハロウィン」はすっかりお祭りとして定着した感がありますね。

ハロウィンカラーのお菓子が売り場に並び、小さいお子さんがいるご家庭では、幼稚園などでイベントが企画されたりしているのではないでしょうか。

 

◇ 「ハロウィン」ってなに? ◇

 

ハロウィンは、キリスト教の祝日「万聖節」前夜のお祭りで、古代ケルト人の宗教「ドルイド教」が起源と言われています。

その昔、ケルト人の1年の終わりは10月31日でした。

この日は秋の収穫祭が行われますが、夜には死者の霊がこの世に戻り、一緒に黒猫を連れた魔女や悪霊も来て悪さをするとも言われ、収穫を祝うとともに、悪霊を追い払う、宗教的な意味合いも含まれていたのです。

 

◇ なぜ仮装をするの? ◇

 

死者の魂とともにやってきた悪霊や魔物は、人の魂をとろうとします。

なのでお化けの格好をして、悪霊や魔物の仲間だと思わせ、魂を守る為と言われています。

またこの世に来た魔物たちが、この世の人間の怖い姿を見て驚き、逃げてしまうからという説もあります。

 

◇ なぜ「Trick or Treat」って言うの? ◇

 

直訳すると「いたずらか?もてなしか?」

「お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ!」という意味。

もともとはヨーロッパの、仮面をかぶった子供たちが、歌いながら地獄をさまよっている魂たちの為に「ソウルケーキ(soul cake)」(干しブドウ入りの四角いパン)をもらいに家々を訪ね歩き、何も差し出されないといたずらをする、という「souling(ソウリング)」という習慣が影響していると言われています。

悪魔が家に入らないように、お菓子で気を良くさせて帰ってもらう、という意味があるんだそう。

1900年代初期に、子供たちの間でこの言葉が流行り始め、1952年のディズニーアニメ「Trick or Treat(ドナルドの魔法使い)」の中のセリフで使われたことで世界中で認知され、ハロウィンの決まり文句として定着したのです。

ちなみに「Trick or Treat?」と言われたら、「Happy Halloween!!」または「Treat!」と答えてお菓子をあげるのが一般的。

ことわった場合には・・・いたずらされますっ^^;;

 

◇ なぜかぼちゃ?  ◇

 

ケルト人の時代には、10月31日には魔よけの意味も込めて、焚火を炊いたり、仮面をつけたりしていました。

こうした儀式と「ジャック・オー・ランタン」の伝説が混ざり、カブをくりぬき、中にろうそくを立てて火を灯していました。

「ジャック・オー・ランタン」のお話がアメリカに伝わると、アメリカで生産が多かったカボチャのランタンに変化していきました。

スコットランドでは、現在もカブが使われています。

 

◇ なぜ「ジャック・オー・ランタン」?  ◇

 

これはひとつの伝説が由来となっています。

 

昔あるところに、ジャックという悪いことばかりする男がいました。

ある時ジャックは悪魔と出会い、魂を取られそうになります。ずる賢いジャックは、悪魔をだまして、絶対に自分の魂を取らない事を約束させます。

やがて寿命が来て死んだジャックは、悪いことばかりしていたので天国には行けず、仕方なく地獄の門をたたきます。

でも悪魔は「お前の魂はとれないね。だって約束だからな。」

こう言って地獄へ入れてくれません。

ジャックは困って「じゃあどこへ行けばいいんだ?」と尋ねると悪魔は、「元いたところへもどるんだな。」と言いました。

ジャックは来た道をとぼとぼと戻り始めました。でも真っ暗で道がよくわかりません。

ジャックは悪魔に「灯りをくれ。暗くてよく見えないから。」と頼みました。

悪魔は地獄で燃えている火のかたまりを一つジャックにくれました。

ジャックはその火をカブの中にいれてランタンを作りました。

そしてそれを手に、いつまでもこの世とあの世をさまよい続ける事になったのです。

 

このお話がアメリカに広まるとカブからカボチャに変化し、いつしかジャックが持つランタンがハロウィンのシンボルとなり、この時期にあちこちに飾られるようになりました。

 

◇◆◇◆◇◆◇

 

日本ではイベントとしてハロウィンを楽しんでも、その背景や文化まではなかなか知ることはありません。由来や意味を知ると、また違った意味で関心が高くなりますね。

今年は新型コロナウイルスの影響で、外出してのイベントは難しいかもしれません。

オンラインでの仮装コンテストなど、リアルのイベントを超える事を目標に、準備がすすめられているところもあります。

おうちにいても楽しめるよう、ご家族で考えてみるのもいいですね。

 

Author
つむぎ

キャリアバンク株式会社 メディカル事業部