卒業式の服装・当日の持ち物はどうしたらよいの?

更新日/2020.02.21

小ネタ.png

もうすぐ3月、卒業式の季節ですね。

あっという間に月日が過ぎ去ってお子様の晴れの日を迎えるのはとても感慨深いですが、ここで悩ましい問題がひとつ。
当日母親である私は、どんな服装で行けばいいのか気になっているという方は多いのではないでしょうか。

人目も気になるシーンであることから尚更、きちんとした格好で出向きたいと思いますよね。

 

≪お勧めの服装は?≫

基本はブラックやグレー、ネイビーなどの濃いめカラーのスーツがベスト。
スカートやワンピースのセットアップも人気のようですが、
スタイリッシュに決めるならパンツスタイルもありです。

落ち着いた品のある雰囲気で行くことを念頭に置いてもらえればまず失敗はありません。
いろんなシーンで使えるようシンプルでベーシックなデザインのものを選んでおくと後々長く使えて便利です。

 

≪ストッキングの色≫

基本はナチュラルなベージュのストッキングを履いていけば間違いありません。

礼服のダークな色味を、足元のストッキングで軽く明るく見せてくれる効果もあります。
逆にNGなのは黒のストッキング。礼服に黒のストッキングはお悔やみをイメージさせてしまいます。
せっかくの晴れの日なので、明るい印象でマナー的にもOKなアイテムを選んで出席したいですよね。

昔ほどマナーも厳格ではないので黒が絶対ダメというわけではありませんが、
当日ちょっと落ち着かない思いをするくらいならベージュを選んでおいた方が安心。
また、カジュアルなアイテムであるタイツもNGです。

3月はまだちょっと肌寒い季節ですが、2枚重ねにするなどで工夫を!
また発熱する素材を使ったストッキングなどもあります。

脚はよく目立つ場所なので、他のママ達の視線も気になるポイントです。
マナーを守って恥ずかしくない服装で出向きましょう。

 

≪アクセサリー≫

アクセサリーはフォーマルシーンにふさわしいパールが一番。
イヤリングとネックレスのセットでつけていくとより素敵に見えます。

コサージュを付けてもOKですが、
地域や学校の雰囲気によっては華美すぎて見える場合もあります。
そういえば雅子様、紀子様がお子様の入学式・卒業式に参加された時の服装では、
コサージュは付けずブローチのみでした。
あくまでお子様が主役なので華美にならないように、との配慮からのようです。

 

≪靴≫

ヒールが高い靴は、履きなれていないとぎこちなくなってしまいますね。
でもまったくぺったんこの靴もフォーマルな服装には合いません。
できれば3~5センチくらいの高さにしましょう。

 

≪リハーサルを!≫

少し太ってしまった為に少々きゅうくつ、
同じ黒なのに何となく色が違っておかしい、汚れがついている‥などあるものです。
当日着る予定の服、靴などをそろえて点検し、着てみましょう。
カメラやビデオを使う予定の方は、短い時間でいいので撮影してみましょう。
扱いなれておくと当日楽です。

 

≪当日の持ち物チェックリスト≫

◇スリッパ

長時間履くことになるので、かなり重要なアイテム。
見た目もスーツに合うダークカラーのスリッパが無難ですね。
レジ袋でよいので、靴を入れる袋も持っていきましょう。

 

◇筆記用具

事務手続きなど何かと使う場面はあります。
用意しておきましょう。

 

◇ハンカチ

絶対に涙してしまうシーンは訪れます。
吸水性にすぐれ、且つレースなどのトリミングがしてある上品なハンカチを用意しておきましょう。

 

◇予備のストッキング

ちょっと動いた時にひっかけてしまって伝線…ということはあり得ます。
せっかくの晴れ舞台です、最後まで美しい足元でいられるよう予備を持っていきましょう。

 

◇サブバッグ

意外と荷物が多いのが卒業式。
終わったあとに「こんなに荷物があるの!?」なんてことにならないように、
サブバッグは必ず持っていきましょう。
安いもので白か黒を準備しておきましょう。

 

◇ひざ掛け・カイロ

長時間座っているので、冷えてくるのが足元。
そんな時にひざ掛けやカイロがあれば大活躍。
冷え性の方は特に持っていくことをオススメします。

 

◇カメラ・ビデオ

思い出を余すことなく記録しておくために欠かせないカメラとビデオ。
バッテリーの充電は忘れずにしておきましょう。
できれば予備のバッテリーがあれば安心です。
良いシーンで切れてしまった、なんてことは残念すぎるので、しっかり準備していきましょう。

 

主役であるお子さんの準備にはいろいろ気を配っていても、
肝心の自分のことは前日の夜になって「そういえば!」なんて気が付いたりするものです。

早いうちから当日の動きを想像し、準備をしておくとよいですね。

 

Author
つむぎ

キャリアバンク株式会社 メディカル事業部