2018 03 / 08

最強のペット登場

本日はメディカル事業部の大型新人、H嬢のエピソードです。
動物好きな彼女は

「小さいころから動物アレルギー、ハウスダストアレルギー、花粉症、鼻炎と
 鼻が弱く、ペットを飼うことができませんでした」

そこで選ばれた動物がこちら。

dappi.jpg(あらっ・いや~ん・・ただいま脱皮中なの~)

「爬虫類なら毛もありませんし、走り回らないのでほこりもたたず、
 カメレオンは私の鼻に優しい生き物です」

hogosyoku.jpg(肌触りも最高なんですから)

「種類によっても違いますが、私が飼育している種類は寿命は3年程です。
 発情期はありますが、同じゲージ内に異性がいないので、そのような行動は見られません。
 何度呼んでも答えてくれることはありませんが、ゲージに近づくと、エサをくれると思い近寄ってきます」

emonohakken.jpg(ぐへへ・・・俺の居場所がわかるかい?)

「カメレオンは、ゲージの上に設置している紫外線のライトに当たり、体を温めてから活動いたします。
 朝7時にライトが点灯起床し、夜9時に消灯就寝いたします」

hogosyoku2.jpg(あ~ちょうどいい塩梅だわ~)

「また、エサは写真にありますコオロギとシルクワームという幼虫をあげています」

koorogi.jpg(ぎゃぁあああああああ!!)

「鳴かないコオロギって売ってるんですよ♪」(にっこり)
「ま・・・まじっすか・・・」(汗)

kappuntyo.jpg(ほ~ら、ぱっくんちょ!)

「私が飼育しているカメレオンは人懐っこく、手を出すと登ってきます。
 青いカメレオンが現在飼育しているジュニョンです。
 赤緑のカメレオンが以前飼育していたトーマスです。」

oburu.jpg(ど・・・どっちでもいい・・・)

「アレルギー落ち着いたので、先月フレンチブルドックも飼いはじめました」

hosodatyan.jpg(可愛い女子〈左〉からは想像もできないペット談話)

カメレオン部屋は年中28℃の適温と湿度に保たれている、まさに天国!
血統書つきのデリケートな彼らは、この北国でも快適に生息している模様。
インタビュー中も、目をキラキラさせて語ってくれたH嬢のカメレオン愛。
爬虫類好きの方も、お気軽にキャリアバンクにご登録ください。

(広報F)

カレンダー

<   2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ