ソリューションSolution

大学・短大向け

キャリアコンサルティング

キャリアカウンセラーの派遣

就職活動の失敗要因は個々に違います

 

就職活動でキャリアカウンセラーが果たすべき役割
それは、個々の活動状況を客観的に整理し
うまくいかない原因を分析し
適切なアドバイスをすることです

必要な情報を収集できていなければ
その情報を提供するだけでなく
収集方法を伝えします

また、就職活動期間内に十分な活動ができるよう
行動を促します

ノーベル経済学賞を受賞したアメリカの経営学者
H.A.サイモンは
意思決定には「最適化原理(ベスト)」と「満足化原理(ベター)」
があるとしています

就職を考えるときの条件は
「やりたい職種」「働きたい場所」「給与等雇用条件」「求人状況」など実に様々
その中で自分のベストを求める姿勢を貫かせるのではなく
ベターはなにかを考えさせ
できることからはじめさせるのも
キャリアカウンセラーの役割のひとつです

必要なノウハウを伝えるだけではなく
個々に働きかけそれぞれの問題を解消することで
就職活動を円滑にすすめます

就職活動解禁とともに学生の動きは活発になります
活動が活発な時に必要なマンパワーをかけ
その活動を支援しましょう

キャリアバンクのカウンセラーは
若年者就労支援施設をはじめとする行政事業において
多くのカウンセリング実績があります

知識も経験も十二分なキャリアバンクのカウンセラーを
ぜひご活用ください

関連ソリューション

<インターンシップ>カリキュラム構築から実践まで
<就職活動支援>エントリーシート作成から面接指導まで
<キャリア教育>1年生からのキャリア形成支援

資料請求・お問い合わせ

ページのトップへ